2016年06月18日

Raspberry Pi Zero v.1.3をフリスクケースに詰める

Raspberry Pi Zero v.1.3
円高なのでRaspberry Pi Zero v.1.3とCamera module v2.1を購入の図。

Raspberry Pi Zeroの基板右側にカメラ用CSIコネクタが付いた。
カメラコネクタは従来の物と互換性が無いのでケーブルも購入する必要がある。
ネジ径を小さくしたら従来の物が乗るだろうに何故変えたのだろうか。基板のサイズを変えている時点でネジ位置の互換性は破棄してもよいのではないかと思うが、設計思想を聞いてみたい。

Raspberry Pi Zero v.1.3
工作界隈においては小型の基板はフリスクケースに収めるという暗黙の了解事項がある。
Raspberry Pi Zeroも上蓋にUSBとminiHDMI用の穴をあければ綺麗に収まる。microSDカードもはみ出さない。

参考)
Raspberry Pi ZeroはFRISKケースに収まるか?[makezine.jp]

Raspberry Pi Zero v.1.3
側面から見るとこんな感じ。
フリスクケースは割れやすいので、Pカッターで切るとよい。

Raspberry Pi Zero v.1.3
コネクタを変えたことに文句を言ったが、無改造で側面から15ピンのカメラ用CSIコネクタ出てくるのは可愛い。
ただし、底蓋は高さを半分くらいに詰めている。

Raspberry Pi Zero v.1.3
頑張ればカメラモジュールもケースに収まるので、フリスクケースサイズカメラが作れると思う。
バッテリーどうしましょうかね。

【Raspberry Pi関連記事】
Raspberry Pi Zero v.1.3のコンポジット出力
Raspberry Pi(Raspbian jessie)でコンソールブラックアウト抑止
ひまわり時計
 

2016/06/18 23:00 | カテゴリ: 特殊工作部

2016年06月17日

ボルジオン(5)

梅丹本舗の件、確定検査の結果が出ている。
【重要なお知らせ】弊社製品からWADA禁止物質の含有が確認された件について(続報)|Meitan | 梅丹本舗[meitanhonpo.jp]

梅肉エキスに含有されるボルジオンの量は、10〜20ng/gであるとの事。
スクリーニングテストの時点では1g当たり0.00005mg(=50ng)であったので、半分以下の数値で確定したという事になる。スクリーニングはもっと荒い測定かと思っていたが割と精度が良い値を出すものだ。

さて、今後の方針で注目すべき点が2つある。
一つは、WADA禁止物質を含有しないタイプの開発を着手という点。

「1,4-androstadiene-3,17-dione(1,4-アンドロスタジエン-3,17-ジオン)は、蛋白同化ステロイドの一種で、自然界にも普通に存在しています。」(*lcg_wada03.pdf 2016/04/08)との事であり、この物質を含まないとなると原料から自然由来の物質を排除した100%化学合成という事になる。
が、そんなもの喜ぶのはオートバイ乗り位で健康食品としては売れなさそうである。
現実的には、ボルジオン(2)の末尾で書いた様に、余計な物質を除去する工程を追加する事になるのだろう。出荷検査で除外という方法は検査に時間がかかる場合適用が難しい。

もう一点は、毎年検査を実施して結果を公表するという点。
これはJADA認定が取れなかった事に対する苦肉の策なのであろうが、実に素晴らしい対応である。

ISOだろうが計測器だろうが1度認定が通ったらそれっきりという事はなく定期的に監査が行われる。
JADA認定サプリメントのページには認定商品一覧のみで定期検査の実績は無い。
特に検査は行われていないようである。品質保持の責任は製造元にあるのでJADAは責任を負わないという姿勢なのだろうか?とても雑である。自信を持って認定を出したのであれば定期検査した方がよいと思う。

話がそれた、まとめる。
梅丹本舗は禁止薬物発覚以降の素早い対応、報道姿勢は褒められるべきであろう。
今回の方針も鋭いものがある。コスト増となり大変であるが、何とか頑張って頂きたいものである。

【ボルジオン関連記事】
ボルジオン (発覚時点での記事)
ボルジオン(2)(ドーピング検査にひっかからないか検討)
ボルジオン(3)(スポーツ報知にすっぱ抜かれた件)
ボルジオン(4)(反省会)
 

 
 
2016/06/17 23:27 | カテゴリ: ロードレース

2016年06月16日

スペイン司法が血液バッグの提出を要請

AP通信がオペラシオン・プエルト(OP)のニュースを流していた。
今は2016年、OP騒動が起きたのは2006年である。
Spain court orders Operation Puerto blood bags released[ap.org]

またまたご冗談を、日付が10年ずれてるんじゃないですか?と思い、UCIを見に行ったらマドリード裁判所の裁定を歓迎するとのプレスリリース。
UCI PRESS RELEASES 14 june 2016
The UCI welcomes Madrid court decision to provide access to “Operation Puerto” athlete blood bags[uci.ch]


世界アンチドーピング機構WADAも同様の声明を出している。
WADA Newsroom 14 june 2016
WADA Acknowledges Madrid Court Decision to provide Access to "Operation Puerto" Athlete Blood Bags | World Anti-Doping Agency[wada-ama.org]

何なんですか、これ。
本件はもう決着ついたのではなかったのか。

そういえば押収された血液バッグの中には名前の挙がっていない謎の選手が残っていた気もする。
(*タイラー・ハミルトンが「クラシコマーノ・ルイージ」の血液バッグはカンチェラーラ選手だとインタビューに答えている。)
このうやむやを今度こそクリーンにするという事なのだろうか。
しかしOP騒動から10年。大半の選手は引退していると思われ、今更遅いよという感が拭えない。

そして時期が絶妙に悪い。
またツール・ド・フランスに出られない選手が現れるのではないかという事が予想される。
 
2016/06/16 03:00 | カテゴリ: ロードレース

2016年06月15日

ツアー・オブ・ジャパン2016 東京ステージ

改めてツアー・オブ・ジャパン2016 東京ステージである。

閑散
9時前に着いたら閑散としていた。

抽選券配布中<
チャンピオンシステムのブースだけ盛況。
ランプレ・メリダのサイン会整理券を配布している。

整理券
これがランプレ・メリダサイン会の整理券。
ちなみに持ち前のクジ運のなさをいかんなく発揮し、見事落選した。

トラック
トラックである。

ステッカー
このトラックがすごくて、各大会のステッカーがそのまま残っている。
5thは2000年である。

チーム右京
チーム右京さん入られました。

片山監督のサイン
片山右京監督のサインを貰う。
説明が悪くてはみ出した上に録画に失敗。

栗村ディレクターを見つけたのでサインを貰うがこれまた録画に失敗。
雨の影響か暫く電気系のトラブルでカメラがシャットダウンする症状が続く。

新城選手
囲まれる新城選手。
昨日劇的な勝利だったからねえ。

ライトくん
ライトくん。

ダニエル・ホワイトハウス選手
トレンガヌのホワイトハウス選手。
撮影失敗、ノリノリで書いてもらったのにごめんなさい。

中村選手
日本チャンプの中村選手。
サインが丁寧

平塚吉光選手
愛三工業レーシングチームの平塚選手。
ありがとうございました。

アイラン・フェルナンデス
マトリックス・パワータグのアイラン・フェルナンデス選手。
ありがとうございました。

ロードレースはデータだけ眺めていれば良いかなと思う時期もあったのだが、出かけるとそこには楽しさがあった。
やはり年1回くらいはライブを見なければね。
 

【第19回ツアー・オブ・ジャパン関連記事】
第19回ツアー・オブ・ジャパン公式記者発表(1)
第19回ツアー・オブ・ジャパン公式記者発表(2)
第19回ツアー・オブ・ジャパン公式記者発表(3)
第19回ツアー・オブ・ジャパン公式記者発表(4)
第19回ツアー・オブ・ジャパン公式記者発表(5)
第19回ツアー・オブ・ジャパン公式記者発表(6)
ツアー・オブ・ジャパン2016 伊豆ステージ
ツアー・オブ・ジャパン2016 東京ステージでサインを貰う
ツアー・オブ・ジャパン2016 東京ステージ
 
 
2016/06/15 22:58 | カテゴリ: ロードレース

2016年06月05日

ツアー・オブ・ジャパン2016 東京ステージでサインを貰う

ツアー・オブ・ジャパン2016東京ステージのスタートを見に行ってきた。

ところで、私はレースのスタート前に選手がサインをするシーンが大好きなのである。
笑顔で手を振ったりする人もいれば緊張気味の人もいたり、選手の様々な様子が窺えるのが非常に楽しい訳である。
もっとたくさんの選手のサインする様子を見たい、なのでそういう物を撮れるカメラを作ってみた。
「私のレンズにサインしてもらえますか」プロジェクトです、どうぞ。

日本ナショナルチームで出場していた中村龍太郎選手。


ニッポ・ヴィーニファンティーニの窪木選手。


愛三工業レーシングチームの平塚選手。


ブリヂストン アンカー サイクリングチームの内間康平選手。
ミーティング後にわざわざ戻ってきてくれてサインして下さった。ありがたい。


宇都宮ブリッツェンの廣瀬佳正GM。


マトリックス・パワータグのアイラン・フェルナンデス選手。


カメラとは何か。
残したい瞬間を切り取るものである。
なのでより良いショットを得る為に新しいカメラだとかレンズを購入する訳である。

一方でカメラ趣味には別ベクトルも存在して、そちらの行き着く先は自作なのだろうなと思った。
どうやら私は自作側にたどり着いてしまったようである。
無いものは作る。サインをしているところを撮りたいからカメラを作る、実にシンプルである。
製作過程は別途工作記事で紹介出来ればと思っている。


【第19回ツアー・オブ・ジャパン関連記事】
第19回ツアー・オブ・ジャパン公式記者発表(1)
第19回ツアー・オブ・ジャパン公式記者発表(2)
第19回ツアー・オブ・ジャパン公式記者発表(3)
第19回ツアー・オブ・ジャパン公式記者発表(4)
第19回ツアー・オブ・ジャパン公式記者発表(5)
第19回ツアー・オブ・ジャパン公式記者発表(6)
ツアー・オブ・ジャパン2016 伊豆ステージ
ツアー・オブ・ジャパン2016 東京ステージでサインを貰う
ツアー・オブ・ジャパン2016 東京ステージ
ツアー・オブ・ジャパン2017に透明サインボード
ツアー・オブ・ジャパン2017 東京ステージでサインを貰う
 
2016/06/05 23:16 | カテゴリ: 特殊工作部

2016年06月04日

ツアー・オブ・ジャパン2016 伊豆ステージ

ツアー・オブ・ジャパン伊豆ステージを見に行ってきた。

150m手前
150m前。

全力で踏む
100m前。
全力。

勝利を確信
50mで勝利を確信。
手を振り上げて会場を盛り上げる。

ガッツポーズ
ガッツポーズ出ました。

ガッツポーズ
新城幸也やりました!
大腿骨骨折からの見事な復活。
素晴らしい!

伊豆での日本人選手優勝は第一回大会修善寺ステージの今中大介以来20年ぶりとの事。
やったねぇ。
1st TOUR OF JAPAN | TOUR OF JAPAN Official Website[toj.co.jp]
 
【第19回ツアー・オブ・ジャパン関連記事】
第19回ツアー・オブ・ジャパン公式記者発表(1)
第19回ツアー・オブ・ジャパン公式記者発表(2)
第19回ツアー・オブ・ジャパン公式記者発表(3)
第19回ツアー・オブ・ジャパン公式記者発表(4)
第19回ツアー・オブ・ジャパン公式記者発表(5)
第19回ツアー・オブ・ジャパン公式記者発表(6)
ツアー・オブ・ジャパン2016 伊豆ステージ
ツアー・オブ・ジャパン2016 東京ステージでサインを貰う
ツアー・オブ・ジャパン2016 東京ステージ
 
2016/06/04 21:46 | カテゴリ: ロードレース

2016年05月10日

アスタナ配色のアンブレラ

アスタナ配色のアンブレラ
アスタナ配色の傘があった。
これはよいね。どこで売っているのだろうか。

アスタナ配色のオブジェクトを見かけましたらご一報ください。

【アスタナ配色記事】
アスタナ配色のサドルカバー
 
2016/05/10 22:14 | カテゴリ: ロードレース

2016年05月09日

トライアスロンポストカード

Ai Ueda

パラトライアスロンだけでなくトライアスロンのポストカードもあったので貰ってきた。
これ何種類あるのだろうか?

写真は上田選手である。
2014年大会のバイクによる猛烈な挽回は劇的であった。
ITU 世界トライアスロンシリーズ横浜大会2014
今年も頑張っていただきたい。

【横浜トライアスロン2016関連記事】
世界トライアスロンシリーズ横浜大会2016
パラトライアスロンポストカード
トライアスロンポスター
 
2016/05/09 22:44 | カテゴリ: 日記

2016年05月08日

輪行袋補修

補修
エンド金具の位置がずれた状態で輪行したら大穴が開いたので補修の図。
手持ちに黒色の布が無く適当な不織布を貼ったが青は派手だね。
裏側だから見えないけど。

輪行袋はオーストリッチのL-100。
生地が薄めだがエンド金具の位置はしっかり補強がされているので今回の様にずれない限り問題なく使える。
慌てて移動せず丁寧に扱いなさいといういう事である。反省。

ウェア補修
ウェアも補修。
ジッパーのゴムが劣化して割れたので紐をかけた。
サイクルウェアは丈夫なので捨て時がわからない。増える一方である。
 
2016/05/08 08:30 | カテゴリ: 自転車

2016年05月07日

ジロ・デ・イタリア2016第1ステージ ヒストグラム

ジロ・デ・イタリア2016第1ステージのヒストグラムを示す。

Giro d'Italia 2016 Stage1 Histgram


Giro d'Italia 2016 Stage1 (9.8km)
---------------------------------------------------------------------------------
No. Name Con. Team Time 偏差値
1 Tom DUMOULIN NED TEAM GIANT-ALPECIN 00:11:03 72.8
2 Primož ROGLIC SLO TEAM LOTTO NL-JUMBO 00:11:03 72.8
3 Andrey AMADOR BIKKAZAKOVA CRC MOVISTAR TEAM 00:11:09 70.1
4 Tobias LUDVIGSSON SWE TEAM GIANT-ALPECIN 00:11:11 69.1
5 Marcel KITTEL GER ETIXX-QUICK STEP 00:11:14 67.8
6 Moreno MOSER ITA CANNONDALE PRO CYCLING TEAM 00:11:15 67.3
7 Bob JUNGELS LUX ETIXX-QUICK STEP 00:11:16 66.9
8 Fabian CANCELLARA SUI TREK-SEGAFREDO 00:11:17 66.4
9 Matthias BRANDLE AUT IAM CYCLING 00:11:17 66.4
10 Silvan DILLIER SUI BMC RACING TEAM 00:11:19 65.5
: : : : : :
188 Damiano CUNEGO ITA NIPPO-VINI FANTINI 00:12:30 33.1
: : : : : :
190 Genki YAMAMOTO JPN NIPPO-VINI FANTINI 00:12:33 31.7
: : : : : :
---------------------------------------------------------------------------------

平坦基調の短いコース(9.8km)。
天候も穏やかであった。

トム・デュムラン(ジャイアント・アルペシン)、地元での勝利。強かった。
ファビアン・カンチェラーラ(トレック・セガフレード)は伸び悩んで8位、ウイルス性胃腸炎が痛い。

Giro d'Italia 2016 Stage1 Histgram(Genki YAMAMOTO)
山本選手(ニッポ・ヴィーニファンティーニ)は190位。苦しんだか。
頑張ってもらいたい。
 
2016/05/07 09:30 | カテゴリ: レース解析

2016年05月06日

ソーラーアンクルバンド

Solar LED Safety Ankle Band
夜ランニングに行くと暗くて危険なので、アンクルバンドを使っている。足首に巻く光るバンドである。
既に市販品を使っているのだが、もうちょっと軽量化できるのではないかと思い作ってみたのがこれ。
重量は15.0g。

Solar LED Safety Ankle Band
暗くなると点灯する。
パーツはダイソーの100円ガーデンライトを流用している。
ソーラーパネルと充電池と制御ICとインダクタとスイッチがついてこの値段で利益を出せるという事が恐ろしい。

◆作り方
・基板から配線をのばして赤色LEDを2個取り付ける
・LEDとライトパイプをシュリンクチューブで繋ぐ
 ライトパイプの根元に抜け防止の針金をまいた上でシュリンクチューブをかけると抜け防止になる。

LED SAFETY BAND
今使っているもの。とても明るい。
実測したら38.5g だったので重量を6割削減出来た。

◆使用
Solar LED Safety Ankle Band
足首に巻くより靴に付けた方がよさそうである。
電池が丸見え。防水性は考慮していないので雨の日は使えない点は注意。

Solar LED Safety Ankle Band
暗くなると光る。
前からも後ろからも視認できる。
これで夜道も安心。

【光り物関連記事】
光る靴紐
発光バックパック
バーエンドライトの取り付け
 

2016/05/06 00:00 | カテゴリ: 特殊工作部

2016年05月05日

トライアスロンポスター

2016世界トライアスロンシリーズ横浜大会
横浜駅で見たポスターとは別バージョンがあった。浮世絵調。
パラトライアスロンの伴走者も描いているのがよい。

【横浜トライアスロン2016関連記事】
世界トライアスロンシリーズ横浜大会2016
パラトライアスロンポストカード 
 
2016/05/05 09:12 | カテゴリ: 日記