2016年03月02日

CP+2016(8)

シグマ望遠コーナー
シグマの望遠トライコーナー。
奥の緑色の大きいのは15.7kgある。250万円。

TV撮影ブース
2階にTV撮影ブースがあって、吉本新喜劇の小藪とCOWCOWが収録をしていた。
多分、CSのこれ[fujitv.co.jp]。
小藪さんはカメラ雑誌に連載を持っているが本当にカメラが好きなんだという事がよく分かる話っぷりであった。
あとCOWCOWは本当に伊勢丹の紙袋柄のスーツをまとっていてた。

ご来場ありがとうございました
ご来場ありがとうございました。
 
2016/03/02 23:32 | カテゴリ: 日記

CP+2016(7)

ズタイラス
ズタイラス。

ズタイラス
iPhoneに広角、マクロ、ワイドレンズやらCPLフィルタはてはライトまで、色々取り付けが出来るというケースである。

GoProまで付いてしまうのがすごい。
 


2016/03/02 23:23 | カテゴリ: 日記

CP+2016(6)

オリンパスブース
オリンパスブース。
入り口そば。

ペッパー待機中
ペッパー君は寝ていた。

オリンパスAir
Olympus Airコーナーがあった。
企画が通ればもらえたあれである。私は落ちたのでRaspberry Piでカメラを作った。
円筒形カメラ[umelog.seesaa.net]

上記のものはAirの画像をAndroid Wearに送信して手元で操作できるというもの。
ハイテク。
他にはレゴで外観を作っただけのものもあった。玉石混交である。
 

2016/03/02 23:17 | カテゴリ: 日記

CP+2016(5)

カシオブース
CASIOブース。

ロイヤル・エンフィールド
ロイヤルエンフィールドのカフェレーサー。
渋いがアウトドア向きではないぞ。

ヘッドマウント
カメラ部と液晶画面が分離するので自由に取り付けが出来ますよ、という例を押している。
防水なのでアウトドアでもばっちり。

自転車への装着例
自転車のハンドルに取り付けた例。
SURLYの自転車?

ベルクロ留め
ベルクロで止めている。
個人的にヘルメットに付けるのは安全性に難ありではないかと考えているので、ハンドルに取り付ける方が好き。

あと、頭は意外と動く部分なので後で映像を見るとグラグラして気持ち悪い。
あくまでウェアラブルにこだわりたいなら胸元辺りが良いと思う。
 


2016/03/02 23:09 | カテゴリ: 日記

2016年03月01日

CP+2016(4)

Pentax Ricoh
リコーブース。

Pentax Touch & Try event 110minutes wait
新しく出たK-1タッチ&トライコーナー。
約110分待ち。

Pentax K-1
K-1である。
ぐにゃぐにゃ可動する液晶もGPSもWi-Fiも5軸の手振れ補正も全部詰め込んだすごいやつ。
フルサイズのセンサーを積んでいる割にはコンパクト。
グリップが良いのかK-3との重さの違いを感じなかった。カメラバッグに入れて持ち運んでいると、「あ、重い」と気付くとの事。

Pentax K-1(old)
試作段階でストップして発売に至らなかった幻のK-1。
ダイヤル形状がユニーク。

RICOH WG-M2
アクションカメラのRICOH WG-M2。
カタログには自転車マウントの写真が載っているが、ブースにはカワサキのNinjaが置いてあった。
何で?
 
2016/03/01 13:13 | カテゴリ: 日記

CP+2016(3)

The New Petzval 58 Bokeh Control Art Lens
ロモグラフィーの新レンズ。

ペッツバール博士の考えたレンズ。背景がぐるぐるになって楽しい。
ボケ具合は調整可能との事。真鍮の色が美しい。

キヤノンとニコンマウントに対応。

New Petzval 58 Bokeh Control Art Lens[lomography.com]
 
2016/03/01 12:31 | カテゴリ: 日記

CP+2016(2)

NAOJ
国立天文台ブース。

TMT mockup
国際共同プロジェクト、TMT(Thirty Meter Telescope *30メートル望遠鏡)の展示であった。
ハワイのマウナ・ケア山頂に建設予定だが、そこは先住民の聖地であり建設差し止め訴訟が起きてしまった。
工事は中断。巨大科学は住民との合意が特に重要。うまい落としどころがみつかれば良いが。

国立天文台TMT推進室[nao.ac.jp]

TMT Paper craft
ペーパークラフト。
3800円で発売予定。

主鏡(1/3scale)
1/3サイズの主鏡。
30mの主鏡は1枚板で作れないので分割して組み合わせる。
ゼロ膨張ガラスという温度変化で膨張しない特殊ガラスに反射膜を付けたもの。
オハラとキヤノン製。
 
2016/03/01 12:04 | カテゴリ: 日記

CP+2016(1)

CP+ entrance
カメラの祭典CP+である。
10時オープンに間に合うようにパシフィコ横浜に行ったら入場待ちの大行列。

Nikon
ニコンブース。

Nikon D5 Touch event
出たばかりのD5(とD500)体験ゾーン。
12コマ/秒で200枚連写というフラッグシップの実力が体験出来る。オリンピックでいうと100m走のスタートからゴールまで押しっぱなしで撮れる訳。
連写でもピントも露出も最適になっているのがすごい。
これを買えば失敗写真が無くなる、ただし重くて高い。

Nikon action cam
アクションカメラ、KeyMission 360。
カメラの表裏に撮像素子があり、2枚の絵を合成して360°の景色を撮れるというもの。
高画質が売りだが、繋ぎの段差が見えてしまっている。
先行するリコーの製品は割と上手につながっているので(ただし画像サイズはHDとそれなり)、もうちょっと詰めてから販売するのかもしれない。

Nikon action cam
自転車はルイガノ。

2016/03/01 11:01 | カテゴリ: 日記

2016年02月24日

横浜マラソン2016交通規制

横浜マラソン2016開催に伴う交通規制のお知らせ
横浜マラソンに伴う交通規制ちらしを入手した。
3月13日は横浜市中心部から磯子方面にかけて交通規制される。

横浜マラソン2016開催に伴う交通規制のお知らせ
復路は高速道路を走るので首都高も規制がかかる。
これは楽しい。

Webにも情報が上がっているのでご参照あれ。
横浜マラソン2016 | 横浜を走る、世界が変わる[yokohamamarathon.jp]
 
--
【横浜マラソン関連記事】
横浜マラソンエキスポ
Live!横浜マラソン
Live!横浜マラソン
横浜マラソン2016(1)
横浜マラソン2016(2)
横浜マラソン2016(3)
横浜マラソン2016(4)
横浜マラソン2016(5)
横浜マラソン2016(6)
 
2016/02/24 23:39 | カテゴリ: 日記

2016年02月04日

節分

六文銭の鬼

購入した豆に付いてきたお面が六文銭だった。
NHK大河ドラマで真田をやっているから流行に乗っているのかとも考えたが、豆のメーカーがでん六であり6にかけただけかもしれない。

ロールちゃん♪も鬼
恵方巻ブームがすごい。
何の関係もないはずのロールちゃんも乗っかってきた。
聞くと去年も限定パッケージがあったとの事。

製菓・製パン業も参入するのは元々ロールケーキがあるから分かる。
崎陽軒がシウマイ恵方巻を出してきたのにはうなってしまった。
細長く仕上げれば何でもありである。

流行が成立して急激に変化して行く様を体感出来るというのが面白い。
2016/02/04 13:11 | カテゴリ: 日記

2016年01月01日

謹賀新年

Monkey
欄干に猿。
神奈川県央は動物王国である。

あけましておめでとうございます。
皆様にとってよい1年でありますように。

今年もロードレースの解析を行いたい。
BMCが勝ったからではないが、ロードレースTTTの解析[umelog.seesaa.net]、あれは楽しかった。
また、色々と工作が出来たら良いなと考えている。

それより何よりまずは健康という事で宜しくお願いします。
 
2016/01/01 12:16 | カテゴリ: 日記

2015年12月31日

2015大晦日

boat

咳をしすぎて腹筋が痛い。
なるほどここで鎮痛剤の処方が生きてくるのだと感心した。
結局、アレクシエーヴィチもそこそこに野坂昭如の文壇とアメリカひじき/火垂るの墓を再読してしまった。
あの句点を使わない文体には独特の魅力があり、この後は町田康に手を伸ばしたくなる。

中々ままならぬ一年であった。
忙しすぎると言うのはあまり宜しくない。健康を害さない程度に頑張りたい。
皆様くれぐれもご自愛ください。

 
2015/12/31 20:29 | カテゴリ: 日記

2015年12月30日

死に魅入られた人びと

死に魅入られた人びと

アレクシエーヴィチ「死に魅入られた人びと」群像社版
ノーベル賞受賞!さぁ増刷のところで版権を引き上げられて岩波が持っていった。小出版社の悲哀である。

週末から咳が止まらずにいたので病院に行ったら過労との診断。よく休めと。
仕方ないので本を読みます。
上述の本は「戦争は女の顔をしていない」よりは薄い。
内容は変わらず重い、そして文学ではないと思う、やっぱりノンフィクションとかルポの類である。 

終わったら野坂昭如を読もうと思います。
 
2015/12/30 18:55 | カテゴリ: 日記

2015年12月29日

ファミマの天然水

ファミマの天然水津南
ファミリーマートの天然水が越後妻有でおなじみの津南であった。
米どころ(この辺りは魚沼産を名乗れる)だから、水もおいしい事間違いなしである。

FamilyMart collectionのミネラルウォーター|注目商品|FamilyMart[family.co.jp]

工事中
そういえば、ファミリーマート津南店。8/24に通りかかった時は工事中だった。
もう出来ているのかしら。
 
2015/12/29 19:32 | カテゴリ: 日記

2015年12月27日

くまモン感謝状

感謝状

くまモン[kumamon-official.jp]に寄付をしたら感謝状が届いた。
くまモン部長のサイン入りである。

熊本県からのたより

熊本の観光ガイドと県のお知らせ。
万田炭鉱は熊本県だったのか。

熊本県のおしらせが同封されていたが、こういうのは案外送ってこないものなのである。
市報や県のおしらせを読むのは地方紙を読むのと同じくらい楽しいので有難い。
 
 
2015/12/27 23:59 | カテゴリ: 日記

2015年12月26日

上海ガニ

上海ガニ
中華街で上海ガニ。
写真映えするし美味しい。
ただ12月末はシーズン終盤なので食べるならもっと早い時期の方が良い。

カネテツがほぼカニ[kanetetsu.com]というものを出していて要はカニカマなのであるが、これがとてもカニっぽくて驚いた。
100円くらいでセールされているカニカマとは一線を画す風味で、生意気にもカニ酢を付けているのも頷ける。
ほぼホタテというものもあるそうなのでこれも食べてみたい。



 
2015/12/26 17:50 | カテゴリ: 日記

2015年12月25日

Arlequin

Arlequin

Joyeux Noël!

AU BON VIEUX TEMPSの閉店(移転)が衝撃だったのでクリスマスケーキを予約した。
Arlequin(アルルカン)、道化師の意。
菱形のケーキの形状、及びクリームのウェーブラインが衣装の様に見える。

濃いショコラに圧倒されるかと思いきや、中間レイヤーの2層のジュレ(フランボワーズとパッションフルーツ)が爽やかな酸味で見事な調和をみせている。
とてもおいしい。さすがオーボンヴュータンである。

【関連記事】
AU BON VIEUX TEMPS[umelog.seesaa.net]
オーボンヴュータン@新幹線[umelog.seesaa.net]
 
2015/12/25 00:36 | カテゴリ: 日記

2015年12月24日

AU BON VIEUX TEMPS

AU BON VIEUX TEMPS
回顧2015。
尾山台のAU BON VIEUX TEMPSが閉店していたの図。
移転に伴う休業期間中にどんぴしゃで訪問してしまった。

AU BON VIEUX TEMPS
移転先。
道路沿いに大きな店舗を建設中であった。
再オープンしたらすぐ行こうといっていたのにもう年末である。

【関連記事】
オーボンヴュータン@新幹線[umelog.seesaa.net]
 
2015/12/24 23:48 | カテゴリ: 日記

2015年09月23日

蔡國強展図録(2015)

蔡國強展図録
蔡國強展の図録を入手した。
連休中はオリジナルトートバッグ(綿麻混紡)付き。

謝辞
謝辞のページに名前が載った。
制作ボランティアでひとくくりかと思っていたが全員名前入り。
これはうれしい。

単に今回の展示のカタログというだけではなく、蔡國強自身によるこれまでの作品についての丁寧な解説があって読み応えがある。
一読の価値あり。

参考
蔡國強展:帰去来 | 横浜美術館[yokohama.art.museum]
2015.7.11〜10.18

【蔡國強展関連記事】
蔡國強展:帰去来[umelog.seesaa.net]
蔡國強展図録(2008)[umelog.seesaa.net]
蔡國強展:帰去来(2)[umelog.seesaa.net]
 
2015/09/23 20:36 | カテゴリ: 日記

2015年09月03日

ツールド妻有2015 (10)

完走後ミオンなかさとで温泉入ってくつろいだ後に見た作品。
写真は当日だったり前日だったり2009年だったりします。


より大きな地図でツールド妻有2015と近隣作品 を表示。

鳥たちの家
鳥たちの家 ジャウマ・プレンサ 2000 (N001)

ツールド妻有のスタート地点からすぐのところに作品がある。
大きくてよい。

暖かいイメージのために − 信濃川
暖かいイメージのために − 信濃川 坂口寛敏 2000 (N004)
ミオンなかさと周辺は越後妻有アートトリエンナーレの初期作品が多く点在する。

お手洗いも作品だったと思うが未見。

妻有で育つ木
妻有で育つ木 ホン・スン・ド 2000 (N005)
大地から切り離されて育つ木。
2009年撮影。

妻有で育つ木
2015年撮影。
大丈夫、枯れていない。
葉っぱのモサモサ感が増したか。

カエル
カエルが張り付いていた。

交差点を挟んで向かいにも作品があるが今回は未見。

越後田沢駅に寄ってみる。
船の家
船の家 アトリエ・ワン+東京工業大学塚本研究室 2012 (N060)
倉庫に見えるが作品。

船
未来への航海 河口龍夫 2012 (N061)
黄色い船の上は何かの種が植えられている。

水槽
水から誕生した心の杖 河口龍夫 2012 (N062)

無数の杖
天井に無数の杖が登ってゆく。

ツールド妻有を走ったこの日は21作品見る事が出来た。
意外と多く見られるものである。

ところで越後田沢の駅前のお店でハッカ糖を入手できた。
素晴らしい。

【ツールド妻有2015関連記事】
ツールド妻有2015 (1)
ツールド妻有2015 (2)
ツールド妻有2015 (3)
ツールド妻有2015 (4)
ツールド妻有2015 (5)
ツールド妻有2015 (6)
ツールド妻有2015 (7)
ツールド妻有2015 (8)
ツールド妻有2015 (9)
ツールド妻有2015 (10)
 
2015/09/03 07:30 | カテゴリ: 日記

2015年09月02日

ツールド妻有2015 (9)

五十子平ASを出発して下ります。
国道353号に合流後、長いトンネルを抜けて松之山から津南へ。

見えてくるのが巨大な砂防ダム。
地図で見ても丸いものが分かる。

より大きな地図でツールド妻有2015と近隣作品 を表示。

土石流のモニュメント
土石流のモニュメント 磯辺行久 2015 (M043)

長野県北部地震で発生した土石流の復旧工事で造られた砂防えん堤を作品にしたもの。
鋼の筒の中に発生した土砂が詰まっている。
雪の上に土石流が流れたから中々溶けなくて工事が大変だったとの事。

土石流のモニュメント
土石流の跡は黄色いポールで示される範囲。広範囲に崩れて国道も塞いだ事がわかる。
このポール地元の人と一緒に建てたそうな。

工事については新潟県のページが詳しい。
丸い筒は完成品を持ってきたわけではなく、鋼矢板を丸くなるように打ち込んで作っていたのである。
【十日町】トヤ沢砂防えん堤の施工について[pref.niigata.lg.jp]
辰ノ口のトヤ沢砂防えん堤が大地の芸術祭作品「土石流のモニュメント」として公開中です![pref.niigata.lg.jp]

そう言えば、前に見た作品にも黄色いポールを建てたものがあったが、これも同じ作家さんだった。
古信濃川の自然堤防跡はここにあった
古信濃川の自然堤防跡はここにあった 磯辺行久 2009 (N044)
大地を芸術に仕立てる素敵作品である。

夏イチゴアイス
座れる場所があったのでアイスを食べます。
カチカチ。のんびり食べてて間に合うのか。

信濃川発電所高圧鉄管
信濃川に出たところで水力発電の鉄管が。
大きい。

宮中取水ダム
JR東日本のダム。
この水が首都圏の鉄道を動かしている。
こっそり取水しすぎた事がばれて大問題になっている。

トンネル
トンネル。
荒々しい地形。この地域は厳しい自然と闘っている。

トンネル
中は素掘りで断面が狭くなっている。
これ国道なのか?

ラストの下り
戻ってきました。
ついに終わってしまう。

Finish!
フィニッシュ。
制限時間9分前。危なかった。

完走証
完走証貰いました。
写真が入っていてすごいなと思ったが、晴れてるから今大会の写真ではない。

悪魔おじさんもゴール
悪魔おじさんもゴール。
本家の人と同じく例のジャンプするポーズを撮ってもらってた。
122km走った上に各所で応援してなお元気。すごい。

ハッカ糖
しめのハッカ糖。
このチョークみたいな形がいいのだな。

Tour de Tsumari 2015 Finish
地図。
あっちこっち寄り道して9時間10分で完走。
この断面図を見たときに走り切れるのか大いに不安だったのだけど何とかなった。

沿道の応援がとても多くて非常に元気が出た事が主要因だろう。
応援されても結局自分の力で走るのだから関係無いのではないかと考えていたが違う、これがすごく力になるのだと実感した。応援重要。
あと地元の人運営のエイドステーションが各所にあって安心して走れるというのも大きかった。
交通整理もきめ細かかった。ありがとうございました。

大地の芸術祭も自転車もどっちも楽しみたいという人にはお勧めのイベントである。
申込がすごく大変(予約開始30分で埋まった)だけど皆様是非。

【ツールド妻有2015関連記事】
ツールド妻有2015 (1)
ツールド妻有2015 (2)
ツールド妻有2015 (3)
ツールド妻有2015 (4)
ツールド妻有2015 (5)
ツールド妻有2015 (6)
ツールド妻有2015 (7)
ツールド妻有2015 (8)
ツールド妻有2015 (9)
ツールド妻有2015 (10)
 

2015/09/02 07:30 | カテゴリ: 日記

2015年09月01日

ツールド妻有2015 (8)

星峠からは下り。
ここで寄り道。

より大きな地図でツールド妻有2015と近隣作品 を表示。

脱皮する家
脱皮する家 鞍掛純一+日本大学芸術学部彫刻コース有志 2006 (D143)

蓬平の交差点で交通整理をしていたおっちゃんお勧めの作品。
家全体が彫刻作品なのだ。
どういう事か?

脱皮する家ちゃぶ台
ちゃぶ台も。

脱皮する家の壁
壁も。

脱皮する家の梁
梁も。

脱皮する家お土産
お土産も彫られているのである。

あらゆるものが彫刻済み、これはすごいけどちょっと怖い。
なお、このお家には宿泊する事も出来る。

コロッケハウス
コロッケハウス 鞍掛純一+日本大学芸術学部彫刻コース有志 2009 (D215)

お隣はまた違った雰囲気。

コロッケハウス
金属溶射で家の内外を覆っている。
ざらざらとした質感は金属と言うよりも石の様である。

コロッケハウス
床も石も金属で覆われている。
この質感は面白い。

コースに戻って少し下る。
私たちはそれを、ありありと憶い浮かべることができる
私たちはそれを、ありありと憶い浮かべることができる 小澤さよ子 2006 (D153)

私たちはそれを、ありありと憶い浮かべることができる
うっすらと外が見える。

漂白花
漂白花 丸山純子 2015 (D337)

地域で集めた廃油で石鹸を作り作品にしている。
外にも作品があるが雨が降ると溶けて消えるそうな。

水滴
水滴 丸山純子 2015 (D337)

部屋の中心におよそ1.5m角の石鹸立方体が鎮座している。
そこに屋根から漏ってきた水滴が落ち穴を穿っている。
これは圧巻だった。ずっと眺めていたい作品。

コースに復帰。
道狭い
道が狭いので気を付けて登る。
路面は完全に乾いた。

松之山のサミットも乗り越え、もう終わってしまうというなぁと感傷に浸っているところにやってきた劇坂。
感傷は吹き飛ぶ、足を付いたら負けかと思い必死で登る。

Rice terrace
ほぼ登りきったところで1枚。
棚田は厳しい。

Tour de Tsumari 2015 (18) 五十子平AS
地図。確かに鋭い坂があるね。
油断大敵。

冷汁
頂上が五十子平(いかごたいら)エイドステーションであった。
冷汁頂きます。

もも
ももも頂きます。
カレーは売り切れであった。残念。

悪魔おじさん
悪魔おじさんの応援がうれしい。

残すところ12km、制限時間まで1時間。山は1つ。
あと1箇所くらいは寄り道出来そう。

【ツールド妻有2015関連記事】
ツールド妻有2015 (1)
ツールド妻有2015 (2)
ツールド妻有2015 (3)
ツールド妻有2015 (4)
ツールド妻有2015 (5)
ツールド妻有2015 (6)
ツールド妻有2015 (7)
ツールド妻有2015 (8)
ツールド妻有2015 (9)
ツールド妻有2015 (10)
 
2015/09/01 01:22 | カテゴリ: 日記

2015年08月31日

ツールド妻有2015 (7)

莇平(あざみひら)集落まで来ました。
寄り道です。


より大きな地図でツールド妻有2015と近隣作品 を表示。

明後日新聞社文化事業部
明後日新聞社文化事業部 日比野克彦 2003 (D103)

Y150の舟
Y150で作っていた舟がここにあった。

日々の日比野 水戸から莇平へ
窓からの風景を描いた絵があった。
facebookに制作風景が掲載されている。

【日々の日比野】社主日比野克彦による、公開制作現在進行中!ヒビノウィーク一週間にかけて一体どんな絵がキャンバスに浮かびがってくるのでしょう。ギャラリーの方と時たま会話しつつ進んでいきます。

Posted by 明後日新聞社文化事業部 on 2015年8月10日


いったん道路に戻ってちょっと走る。
想像する家
想像する家 日比野克彦 2012 (D268)
壁がホワイトボードになっているので、マーカーで描けるしマグネットが付く。

想像する家
池に舟が浮いていた。

誰もいない
のんびり見ていたら誰もいなくなってしまった。
全力で登る。

儀明エイドステーション
孟地ASから2時間半後、90km地点の儀明エイドステーション到着。
何とか集団に復帰した。
寄り道の影響で時速8km/hを割り込んだ。

Tour de Tsumari 2015 (14) 儀明AS
あと34kmとなった。制限時間まで2時間40分。

儀明エイドステーション
スイカ。
雨がちであまり暑くないとは言え氷も用意して頂いているのが有難い。

ハッカ糖
そしてハッカ糖。おいしい。
十日町では普通に売ってるとの情報を得たのでお土産に買って帰る。

孟地ASに空気入れがあったので8気圧まで上げたのだけど、やたら跳ねるのでここで6.5気圧に下げた。
体重を減らしたせいもあって適正な気圧がよく分からなくなっている。

棚田
魚沼は棚田が多い。
そして棚田は坂なのだな。見る分には絶景なのだが走る側にまわるとつらい。
ツール・ド・熊野[umelog.seesaa.net]の厳しさをほんのちょっと垣間見た。

鍋立山
膨張性地山でおなじみの鍋立山。
掘ると地盤が膨らんで埋め戻されるという地獄の様な地層の為、この山にトンネルを通すのに22年もの歳月がかかっている。

星峠エイドステーション
20分後、93km地点の星峠エイドステーションに到着。

Tour de Tsumari 2015 (15)  星峠AS
地図ではこの辺り。
あと29km、制限時間まで2時間20分。山は3つ。
これはまだ寄り道できる。

星峠エイドステーション
ジャガイモを醤油で煮た物がとてもおいしかった。
この辺りでジャガイモを作っているそうな。

星峠棚田
そしてこれが星峠の棚田である。
見事。


【ツールド妻有2015関連記事】
ツールド妻有2015 (1)
ツールド妻有2015 (2)
ツールド妻有2015 (3)
ツールド妻有2015 (4)
ツールド妻有2015 (5)
ツールド妻有2015 (6)
ツールド妻有2015 (7)
ツールド妻有2015 (8)
ツールド妻有2015 (9)
ツールド妻有2015 (10)
 
2015/08/31 06:00 | カテゴリ: 日記

2015年08月30日

ツールド妻有2015 (6)

全行程の半分走ってきてすこぶる調子が良い。
寄り道開始です。

まずは、こい伏さま こへび隊+犬伏集落 2015(D314) を目指す。


より大きな地図でツールド妻有2015と近隣作品 を表示。

こい伏神社
国道253号まで下って渋海川を渡る。
正規のルートは直進だが右に入って700m程でこい伏神社に到着する。

こい伏神社
作品は左側。

こい伏神社
鳥居。

こい伏神社御由緒
ご本尊が鯉なのは当地の5月の行事に合わせてこいのぼりを沢山吹き流すから、との事。
縁結び、夫婦円満、恋愛成就、開運、子育て、学業成就ですって。

こい伏さま
ご本尊の鯉。全長3m位ある。
伊沢和紙で作られていて神々しく光っている。
ヒゲがよい。

こい伏さま
ご本尊の魂。ぶれた。

こい伏さまおみくじ
おみくじ。

小吉
小吉。
悪くない。

国道に戻って、松代を通過。
山間部に入る。

2km弱寄り道。蓬平(よもぎひら)集落へ。

より大きな地図でツールド妻有2015と近隣作品 を表示。

影向の家
影向の家 大巻伸嗣 2015 D322
入場待ちの列ができています。

影向の家
入口の明かり。

撮影禁止なので作品の写真は無し。
暗い部屋の中で白い煙が立ち上る。
大巻さんは風とか光の扱いがとても丁寧で毎回驚きがある。いつまでも見ていたい作品であった。
影向(ようごう)の家 - 大地の芸術祭の里[echigo-tsumari.jp]

正規のルートに戻ってしばらく走り田野倉集落へ。

より大きな地図でツールド妻有2015と近隣作品 を表示

道路
こちらはあまり道からそれない。
選手が見えます。

つんねの家のスペクトル
ツンネの家のスペクトル アネット・メサジェ 2015 (D328)

つんねの家のスペクトル
針や鎌やハサミといったものを模した詰め物が天井からぶら下がっている。
面白い。

つんねの家のスペクトル
藁のイノシシ。

もさもさ
もさもさしたものが回転している。
これは楽しい。

【ツールド妻有2015関連記事】
ツールド妻有2015 (1)
ツールド妻有2015 (2)
ツールド妻有2015 (3)
ツールド妻有2015 (4)
ツールド妻有2015 (5)
ツールド妻有2015 (6)
ツールド妻有2015 (7)
ツールド妻有2015 (8)
ツールド妻有2015 (9)
ツールド妻有2015 (10)

 

2015/08/30 08:00 | カテゴリ: 日記