2015年05月13日

テオ・ヤンセン@二子玉川

二子玉川ライズ完成記念に彫刻家テオ・ヤンセン(オランダ)のストランドビーストがやって来るというので見てきた。

準備中
準備中。

アニマリス・シアメシス
風を受けると動く。
二子玉川の展示は屋根があるのでうちわであおいで動かす。

長いの
長いの。

短いの
短いの。
街中にとけ込むヤンセン機構。違和感がない。

アニマリス・プラウデンツ・ヴェーラ 2世
2世

アニマリス・プラウデンツ・ヴェーラ 2世
チャージ機構。
ここに空気をため込む。ペットボトルである。

アニマリス・プラウデンツ・ヴェーラ 2世
パイプを曲げてタイラップで固定という工作。
この固定方法で巨体を作り上げてしまうという事が驚きである。

アニマリス・ペルシピエーレ・レクタス
別の。

アニマリス・ペルシピエーレ・レクタス
丸い部分がかわいらしい。

アニマリス・ペルシピエーレ・レクタス
風を受ける部分が相当お疲れ。

かなりの作品が二子玉川に集結かつ自分でヤンセン機構を動かすことのできる体験ゾーンもあったりして素晴らしい展示であった。
玉川高島屋にも1体展示されていた。ひょっとするとどこかに図面の展示があったのかもしれない。

ケーキがでかい
余談。二子玉川はケーキがでかかった。ハーブスである。
カロリー警察がやってくるぞ。
 

2015/05/13 23:54 | カテゴリ: 特殊工作部

2015年05月12日

光る靴紐

LIGHT-EMITTING SHOELACES
デンマークの雑貨屋、フライングタイガー[flyingtiger.jp]で光る靴紐が売っていた。
300円。

以前、発光バックパック[umelog.seesaa.net]をこしらえて悦に入ってたが、こういうアイデアは概ね商品化されているのである。いやはや。

LIGHT-EMITTING SHOELACES
光らせてみた。
明るい。

スイッチを押すと
・点滅(短)
・点滅(長)
・常時点灯
・OFF
の4パターンで遷移する。

LIGHT-EMITTING SHOELACES
発光部分を分解。
筺体はネジ留め。防水性は考慮されていない。
LR44が3直列。基板の白い部分にICが内蔵されている。

LIGHT-EMITTING SHOELACES board
拡大。
タクトスイッチの半田付けが2箇所だけなんて初めて見た。生産時間短縮の為だろうか?
あと基板が汚れている。割と雑な感じ。価格が安いので文句を言ってはいけない。

ライトパイプを単体で買うより安いのでばらして使おうと思います。
 
2015/05/12 01:09 | カテゴリ: 特殊工作部

2015年03月25日

円筒形カメラ

オリンパスのOPC[olympus-imaging.com]という新しいカメラプロジェクトに落選したので、自分でカメラを作った。

これが完成形である。
本家に習って円筒形にした。
DSC-CS1
使用した円筒から、DSC-CS1(Digital Still Camera Chip Star 1)と命名する。

【制作手順】
Raspberry Pi A+
1.Raspberry Pi A+を入手
2620円。
素直にRSコンポーネンツから購入。横浜から届く。

Raspberry Pi A+ Camera
2.カメラモジュール、RTCモジュール、I2C液晶、スイッチを接続
取り付けたらスクリプトを書く。
大いなる先達の方々の知恵を拝借しbashで組んだ。

Raspberry Pi A+ Camera
別角度から。
Raspberry Pi A+はエネループモバイルブースターの上に乗せるとしっくりくる。
今回はこれを生かす事にした。紐で基板をくくり付ける。
カメラのFPCが長いので折らない様に引き回す。

Raspberry Pi A+ Camera
カメラモジュール拡大。
中国から買ったカメラモジュールはM12マウントであった。
図らずもレンズ交換式となった。

Raspberry Pi A+ Camera
3.チップスターの空容器に納める
完成。

プログラマブルなカメラが低コストで出来た。
今更Raspberry Piに手を出したが、カメラを繋いでコマンド1個で何かしら絵が撮れてしまうという簡単さに震えた。1画素ずつチマチマ読み出してRGGBをJpegに変換、保存はどうしよう…などという面倒な手間がここには存在しないのである。

ちなみに、このふざけた見た目にもかかわらず、Full HDで撮影可能である。
作例



なお、このカメラは適当なスクリプトなのでバッテリーが減ろうがメモリが不足しようがノーケアである。
バッテリが減れば不正終了するし、メモリが不足するとライトエラーとなるだろう。

Raspberry Piならばシステムを飛ばしても焼き直せばよいが民生用の製品となるとそうもいかない。
最低限保障すべき範囲はどこまでで、どこから触れるようにするか、このあたりの切り分けが製品としてオープンプラットフォームを成立させる難しさなのだろう。
商品設計の困難さを少し垣間見た気がする。
 
2015/03/25 05:45 | カテゴリ: 特殊工作部

2015年02月24日

発光バックパック

バックパックの紐をライトパイプというものに交換して光らせてみた。

標準状態。
ちなみにドイターのレースXである。
バックパック(標準)

発光後。
バックパック(発光)

これは派手だ。
視認性に優れ、夜道も安心である。
backpack
 
2015/02/24 23:24 | カテゴリ: 特殊工作部

2015年02月23日

マリメッコXperia

携帯電話を機種変更したのでマリメッコ化した。

型紙を起こす。
XperiaはiPhoneの様に寸法データが公開されていないのでどうするか?
携帯をコピー機にかければよいのである。
mask pattern

布を型紙通りに抜く。
Cutting

切り抜いたものをXperiaに貼り付けて完成。
marimekko XPERIA (Handmade)

平らな携帯は加工が楽でよい。

[参考]
マリメッコiPhone[umelog.seesaa.net]
 
2015/02/23 00:07 | カテゴリ: 特殊工作部

2014年03月01日

マリメッコiPhone

みなとみらいにマリメッコのお店がある。
そこで素敵なiPhoneケースを見かけたので作ってみた。

型紙を起こす。
iPhone5 Case Design

iPhoneは寸法データを公開している点が評価出来る。
iPod、iPhone、iPad 用ケースの設計[apple.com]

プラ板に布を貼って型紙通りに抜く。
ペーストアンドカットである。
布を裁断

切り抜いたものをiPhoneに貼り付けて完成。
Make marimekko iPhone Case
洗濯絵表示を残した。
絵柄が見慣れないがフィンランドはISO3758準拠なのだろう。
もっともiPhoneはアイロン(200℃)も不可だしドライクリーニングも不可である。

日本の洗濯絵表示もISO3758へのすり合わせ作業が行われており、2014年を目途に新JIS L0217が公示される予定となっている。
つまり、いずれ全ての衣類はこういう表示に切り替わる。注目である。
 
 
2014/03/01 23:59 | カテゴリ: 特殊工作部 | コメント(0) | TrackBack(0)

2014年02月28日

iPhoneスタンド三脚

iPhoneスタンドにナットを接着
ダイソーのスマートフォンスタンドに穴をあけて1/4インチナットを接着の図。
ものすごく乱暴な工作である。タップがあればいいんだけどなあ。

何が出来るか?
これでiPhoneが三脚に固定出来るのである。
三脚に固定可能
ぐらつき無く固定された。
総額110円にしては上出来である。

 
2014/02/28 01:02 | カテゴリ: 特殊工作部 | コメント(0) | TrackBack(0)

2013年10月15日

乙幡展

ほっケースのガチャガチャを見て、という訳ではないが乙幡展に行ってきた。

週末から展示です | 妄想工作所のブログ[mousou-kousaku.com]

10°CAFE
会場。
屋上にプレハブが乗っかっている?

乙幡脳リアル博覧会with消しゴムはんこ
ポスター。
13日はカフェが閉まっていた。

写真撮ってもよいとの事だったので何枚か。

鮭コナーズ
鮭コナーズ。
言わずと知れた高橋由一の鮭をモチーフとする作品。
実物を見ると完成度の高さに感動する。
@nifty:デイリーポータルZ:虫除けネットのガワを魅力的にする[nifty.com]

モナカプラモ
モナカのプラモデル
プラモデルを作ってしまうというメタ工作。
皮の造形が素晴らしい、中のあんこも超リアル。
@nifty:デイリーポータルZ:もなかのプラモを作った[nifty.com]

ケルベコス
ケルベコス。
赤べこx地獄の番犬ケルベロス。
番犬ならぬ番牛である。可愛らしい。
@nifty:デイリーポータルZ:赤べこをケルベロス風にする[nifty.com]

サインを貰った
本にサインを貰った。
ありがとうございます。
消しゴムはんこは100Vプラグ。

東京の展示は終了で、このあと名古屋と京都に巡回との事。
面白いので是非。
 
2013/10/15 23:44 | カテゴリ: 特殊工作部 | コメント(0) | TrackBack(0)

2013年10月14日

ストラップの裏地を張り替え

カメラのストラップの裏地がベロベロに剥がれてきて細かい屑が服に付くようになってしまった。
屑をお家に持ち込むなと怒られたので裏地を剥がして新調。

カメラストラップの裏地を張り替え
マリメッコは派手。
今回はありもので済ませたが、次があれば白黒の花柄で作る。

カメラストラップの裏地を張り替え
おまけで予備のSDカードを収納できるようにした。
ホックを付けているので落下の心配はない。

2ヶ月使って今のところ問題は起きていない。
割とまともな物を作った。
 
2013/10/14 23:57 | カテゴリ: 特殊工作部 | コメント(0) | TrackBack(0)

2013年09月25日

パタパタ時計

大人の科学Vol.38 パタパタ電波時計を作った。
>パタパタ電波時計 | 大人の科学マガジン | 大人の科学.net[otonanokagaku.net]

完成!

昔家にあったので作りたいなぁと思っていたら付録で出てしまった。
しかも電波時計。完全にやられた感がある。

作りながらなぜこの形式の時計が絶滅したのかを考えていた。
パタパタのめくれる音がうるさいという点と、部品点数の多さがネックだったのだろう。
120枚の文字盤シート取り付けにはしびれた。

文字盤

取り付け

ともかく説明書通りに作れば完成するところが付録のよいところ。
内部には余裕があるので何か組み込もうと思う。


 
 
2013/09/25 23:52 | カテゴリ: 特殊工作部 | コメント(0) | TrackBack(0)

2013年08月28日

バーエンドライトの取り付け

バーエンドに赤色の尾灯を付けているロード乗りを見かけた。
これが中々素敵だったので私も真似して取り付けてみた。

バーエンドキャップに穴をあけて赤色LEDを接着。
コネクタを付けて取り外せるようにしておく。
配線はハンドルの中を通しハンドルのステム辺りに穴をあけてそこから引き出す。
バーエンドにLED

電源はガーデンライトを流用した。
ソーラー式で煩わしい電池交換が不要というのが大きい。価格も安い(298円)。
ガーデンライト

点灯させた様子。
LED式テールライト(CATEYE SL-LD100-R CR2032x2)並の光量を確保している。
暗くなると自動点灯するのがポイント。何せガーデンライトですから。
点灯

昼間は点灯せずに充電モードとなる。
ガーデンライト取り付け

自転車というのは空洞だらけなので物を仕込むのには都合が良いなと思った。
電池とかモーターとか組み込み放題である。

【関連記事】
リアキャリアバッグ実装
リアキャリアバッグ更新
キックスタンド取り付け
ミニベロにサークル錠を取り付け
 
2013/08/28 01:14 | カテゴリ: 特殊工作部 | コメント(0) | TrackBack(0)

2010年06月09日

宙玉レンズの製作

クラフトワークス達の熱きイベント、Make:Tokyo Meeting 05で展示されていたという宙玉レンズが面白そうだったので作ってみた。

■材料
・カップしじみ汁(のフタ): 1個
・φ15mmアクリル球: 1個
・ボール紙: 適量

■製作
しじみ汁のフタに穴を開けアクリル球を接着します。それを紙筒に接着して出来上がり。
製作風景

■完成
完成

これをレンズの外周リングにはめ込みます。
CX1+
新型の一眼みたいな無骨さです。

早速自転車に乗って撮りに出かけた。
写真はflickr[flickr.com] クリックで拡大します。


ツツジ



JCT

相模線


盛大に歪むので人工物を撮ると面白いね。

作って撮って2度楽しい、成程これがレンズ沼というものか。
次は蛇腹レンズを作ろう。

■参考
Make: Tokyo Meeting 05[oreilly.co.jp]
上原ゼンジ写真実験室、MTM05に出展[jugem.jp]
自作イベント「Make:Tokyo Meeting 05」に“手ブレ増幅装置”や“猫カメラ”が登場[impress.co.jp]
2010/06/09 03:19 | カテゴリ: 特殊工作部 | コメント(0) | TrackBack(0)

2009年07月14日

6月度工作事例より

休息日企画。

携帯を落としたら裏蓋の爪が折れた。
蓋が閉まらなくなってしまって困る。
RIMG0399s.jpg

仕方ないのでシールを張って固定する事にする。
RIMG0400s.jpg

完成。
RIMG0618s.jpg

おお、意外と良い出来。よもやボロ隠しとは思うまい。
マイヨ何とか携帯と名付けよう。
黒地に白玉って何だ。ア・ポワ・ブラン?

これを応用すると夢の山岳賞携帯も実現できる。
白地の携帯電話をお持ちの方は是非赤玉シールを張ってみて下さいお願いします。

完成予想図。
a_pois_rouges_k-tai.jpg
2009/07/14 00:13 | カテゴリ: 特殊工作部 | コメント(0) | TrackBack(0)

2009年07月04日

Twitter始めています

umelogはTwitterをつかっています
わざわざ言うこっちゃないんだけどTwitterを始めています。

別府兄弟のTwitterを読みたくて始めました。
FirefoxにTwitterFoxというのを入れると画面の端で読めるので便利でよいです。

結局、Twitterをどう使っていいのか分からず色々考えた結果、携帯百景[movapic.com]経由で梅酒の熟成度合いを投稿する事にしました。大人の観察日記ですね。
当面は梅酒と自転車での徘徊記録用として活用しようと思います。
ではそんな感じで。

梅甘週報(控)[twitter.com]
携帯百景のumelog[movapic.com]
2009/07/04 16:24 | カテゴリ: 特殊工作部 | コメント(0) | TrackBack(0)

2009年05月23日

余裕で間に合う!応援グッズ作り

うちわをもう1個作ろうと思ったらもう無かったので別のものを考えます。
ありもので済ませましょう。

■用意するもの
・A4用紙 1枚
・テープ
・500mlペットボトル
何かデザイン(例)[seesaa.net]*PDF注意

■手順

AMI1.jpg
Webなどを見ながらデザインします。
105mm x 220mm 位に描いてA4に2つ納めます。
デザイン(例)[seesaa.net] *PDF注意

AMIpet1.jpg
印刷して半分に切ります。

AMIpet2.jpg
余白の多い部分からペットボトルに貼ります。

AMIpet3.jpg
巻いたら完成。
上下の余白が多いので適当に詰めた方がいいかもしれません。
2009/05/23 16:14 | カテゴリ: 特殊工作部 | コメント(0) | TrackBack(0)

旗作成用資料一覧

伊豆へ行けよという感じですが旗のデータを収集します。

wikipediaには国旗(あるいは区旗)のSVGデータがそろっている。
これは便利。

■SVGデータ一覧
オーストラリア[wikimedia.org]
香港[wikimedia.org]
イタリア[wikimedia.org]
日本[wikimedia.org]
カザフスタン[wikimedia.org]
マレーシア[wikimedia.org]
サンマリノ[wikimedia.org]
大韓民国[wikimedia.org]

SVGはベクタ形式なのでイラストソフトや、Inkscape[forest.impress.co.jp]などで編集出来る。
VisioでもOK。Word、Excelでは読み込めない。

上記の国と地域の場合、縦横比が2:3(香港、イタリア、日本、サンマリノ、大韓民国)と1:2(その他)のグループに分かれるので注意が必要。


■印刷例
P1040735s.jpg

理収を上げようとしてA4に3枚納めたらかなり小さいものとなってしまった。はがきより小さい。
いっそお子様ランチの上に刺さっているくらいのサイズにしてしまった方が楽しいかもしれない。
まぁいいか印刷してしまったし。

■おまけ
ポテトチップスのテクスチャ
ポテトチップスのテクスチャ(jpeg)[flickr.com]
適当に使ってください。
2009/05/23 13:19 | カテゴリ: 特殊工作部 | コメント(0) | TrackBack(0)

2009年05月22日

まだ間に合う!うちわ作り

プラカードは手間?ならお手軽にうちわを作りましょう。

■用意するもの
・A4用紙 2枚
・ノリ
・カッター
・不要なうちわ
型紙(例)[seesaa.net] *PDF注意

■手順

AMI1.jpg
Webなどを見て型紙を描きます。
面倒な方は、型紙(例)をどうぞ。[seesaa.net] *PDF注意

AMI3.jpg
うちわの紙を剥がします。

AMI4.jpg
ノリを塗ります。

AMI5.jpg
型紙を印刷して貼ります。

AMI6.jpg
はみ出した部分を切ります。

AMI7.jpg
完成!

さぁ作ろうぞ!
2009/05/22 04:27 | カテゴリ: 特殊工作部 | コメント(0) | TrackBack(0)

2009年02月07日

豆本

mamehon1.jpg
豆本作った。
単三電池が大きいわけではない。

mamehon2.jpg
京極本か辞書かと言う位の厚み。
ちなみに、30mm x 30mm x 15mm。

mamehon3.jpg
写真を80枚つめたので厚いのです。

mamehon4.jpg
普通の本と比較。
虚航船団が普通かという議論はお受けしません。


送別会の写真をあとで差し上げますよ、という話をしたものの、酔っ払いの写真は拡大すると見苦しい。そして撮影者も酔っているので大半がぶれている。
これは厳しいなぁと感じたのでシュリンクした。

縮小すればブレなんて分かんない!暗部のノイズなんて全然気にならない!
高画素万歳!テクノロジーって素晴らしい。

ただこれ、作るのに時間がかかる。
3日もかかったもの(内、アイデア出しに1日、自転車に1日)
2009/02/07 00:29 | カテゴリ: 特殊工作部 | コメント(0) | TrackBack(0)

2008年12月01日

特殊工作部活動報告書(控)

Mini Memorial Rebirth

サインを頂いたお礼に何かせねばと言うことで、携帯ストラップサイズのスケールモデルを作った。素材は消しゴム(笑)
写真ではつぶれて見えないけどちゃんと吸気口もある。

彫刻家に対して削り物を渡すなんて神をも恐れぬ行為だが、わが社のモットーはhit & awayなので気にしない。そして苦笑されるかと思いきや思いのほか受けたので問題なし。
2008/12/01 08:22 | カテゴリ: 特殊工作部 | コメント(0) | TrackBack(0)