2015年12月02日

はやぶさ2スイングバイ

Hayabusa2 swing-by plot data

はやぶさ2の軌道データが公開されていたのでプロット。
地球に向かってきたはやぶさ2(赤線)が地球(緑線)をかすめて去ってゆく軌道がよくわかる。
軌道を変えたはやぶさ2はリュウグウ(Ryugu)への探査へ向かう事になる。

データは、
はやぶさ2特設サイト | ファン!ファン!JAXA![jaxa.jp]
の、小惑星遷移軌道計画情報 <公開用概略計算値>を参照した。

Gnuplotでsplotしただけだが、これでご飯3杯はいける。

プロットで満足できない方は、
Hayabusa2 Earth Swing-by Realtime Simulation[lizard-tail.com]
を参照するとよい。
非常に美しいグラフィックで軌跡を表示しれくれる。

JAXA公式サイトでは軌道表示の為のソフトウエアも公開されている。
はやぶさ2スイングバイ軌道3次元表示の公開について | JAXA はやぶさ2プロジェクト[jaxa.jp]

なお、スイングバイは12月3日である。
 
2015/12/02 02:11 | カテゴリ: 天文宇宙

2009年12月21日

好きですちがさき愛の街

P1040863-1.JPG
茅ヶ崎市役所に懸垂幕。
やってくれると思ってました。

jaxalive-1.jpg
カザフスタン深夜3時52分。
野口宇宙飛行士は二度目のフライトです。

jaxalive-2.jpg
08:11 ぬいぐるみがぶら下がっています。

jaxalive-3.jpg
09:20 ぬいぐるみ吹っ飛びました。

jaxalive-4.jpg
11:07 ところでこれクマなの?猫なの?

ISSへのドッキングは23日です。
2009/12/21 08:01 | カテゴリ: 天文宇宙 | コメント(0) | TrackBack(0)

2009年12月04日

ソユーズ打ち上げを見よう

12/21に野口宇宙飛行士がソユーズに乗って300km程度上空に長期出張します。
ソユーズに日本人が搭乗するのは実に19年ぶり。
茅ヶ崎市では的川先生を招いてパブリックビューイングを行うようです。

野口宇宙飛行士応援イベント開催(*PDF注意)[chigasaki.kanagawa.jp]

日時: 12/21(月) 6:00〜7:00
場所: 茅ヶ崎市民文化会館小ホール
定員: 400名 *要申込、小学生以下は保護者同伴
解説: 的川泰宣名誉教授

申し込み期間は今日から15日まで。上記PDFを参照の事。
どっか中継してくれないかなぁ。

写真は11/27に見たISS。シャトルが後ろを付いて回る様がかわいい。
200911271752.jpg
ISSは明るいので余裕で観測可能。
みんな見ようぜ。
2009/12/04 00:57 | カテゴリ: 天文宇宙 | コメント(0) | TrackBack(0)

2009年10月06日

HAYABUSA -BACK TO THE EARTH-

R0011775s.jpg

ついでに市立科学館。
小惑星探査機はやぶさの4K映像が見られるという事で寄ってみた。
昔は四ツ橋にあって電気科学館って言ったんやでとか言うと歳がばれる。気をつけよう。

さて、はやぶさ全天周上映である。
これがよく出来ていて、はやぶさが何か分からなくてもきっちり説明してくれるので全く問題は無いし、探査機の事を理解していればしている程思い入れが強くてより深く楽しむ事が出来る。
2度泣いた。

HAYABUSA -BACK TO THE EARTH-
場所: 大阪市立科学館
日時: 2008年4月1日(水)〜2010年3月31日(水)予定

大阪市立科学館[sci-museum.jp]
 10/7(水)は観覧料が全て無料![sci-museum.jp]
全天周映像 HAYABUSA -BACK TO THE EARTH-[hayabusa-movie.jp]
[4K Ready!] 02:小惑星を探査せよ! 43分4K CG映像[pronews.jp]
2009/10/06 00:18 | カテゴリ: 天文宇宙 | コメント(0) | TrackBack(0)

2009年09月17日

HTVドッキングは18日早朝

ブエルタある日は国際宇宙ステーションを見よう。
無人補給船HTVのドッキングは18日早朝です。

日時: 9/18(金)
・04:00〜 ISSロボットアームによるHTV捕捉
・07:00〜 ISSへのHTV結合

ストリーミング中継は下記。
ライブ中継〜SPACE@NAVI-Kibo SPECIAL LIVE[jaxa.jp]

ニコ生は03:50開場。
HTV飛行ミッション〜ISSへの結合〜[nicovideo.jp]

そして、丸の内オアゾ内の情報センターJAXA i[jaxa.jp]は7時オープンでパブリックビューイングを実施!
私は寝ずに4時の中継開始を待とうと思います。

なお、H-IIB打ち上げは、JAXAチャンネル[youtube.com]で公開中。

2009/09/17 23:01 | カテゴリ: 天文宇宙 | コメント(0) | TrackBack(0)

2009年09月10日

今晩H-IIB打ち上げ

ブエルタ無い日はロケット見よう。
H-IIBロケット試験機の打ち上げは本日深夜 02:01:46 です。

深夜なので打ち上げ時間に種子島の方眺めて見れば打ち上げの軌跡が見えるかも。
鹿児島方面の人観測お願いします。

JAXA|HTV/H-IIB特設サイト[jaxa.jp]

ストリーミング中継もあります。
ライブ中継〜SPACE@NAVI-Kibo SPECIAL LIVE[jaxa.jp]
2009/09/10 20:46 | カテゴリ: 天文宇宙 | コメント(0) | TrackBack(0)

2009年08月01日

的川泰宣展

Image242s.jpg
ロケットと科学衛星の父、的川泰宣の展示が東陽町で行われている。

場所:Gallery A4
期間:〜8/7(金)
時間:10:00〜18:00(*日・祝休館 最終日は17:00迄)
入場無料
パンフレット

的川氏による宇宙開発の歴史、つまり日本の宇宙開発史を一望することになる。いやぁすごいわぁ。

端の方でペンシルとかラムダとかのドキュメントを流しているのが見どころ。これJAXA Channel[youtube.com]に上げてくれないか。

あと、かぐやによる月映像をソニーの有機ELテレビでかけていたのだが惚れぼれするくらい美しかった。
やはり自発光デバイスはいい。無論月の映像が素晴らしいのは言うまでもない。

これもかぐやの成果物↓
GoogleMoon.png
2009/08/01 23:34 | カテゴリ: 天文宇宙 | コメント(0) | TrackBack(0)

2009年07月25日

2009年07月21日

あっという間に出来る日食観察グッズ

たまには天文でも。

多分明日は雨だろうけど、家庭にある物を使用して日食観察グッズを用意しましょう。
1分で出来ます。

[1]ポテトの筒を用意します
RIMG0792s.jpg
ここではもう使用しない応援グッズ(涙)を用います。

[2]上蓋に穴をあけます
RIMG0793s.jpg
別にピンホールカメラ作ろうって訳じゃないので適当で良いです。

[3]観測窓を開けます
RIMG0794s.jpg
適当でよいです。怪我に気をつけて。


[4]完成
RIMG0796s.jpg
ピンホールを通った日の光が底面に当って観察できる訳です。
時間があれば内筒を黒く塗る、白い紙を底面に貼るなどを行うとよいでしょう。

西の方の人観察お願いします。



■追記
こちらの段ボール工作[thurayya65.exblog.jp]を拝見して、もっと簡単に出来るんじゃないかと部屋の中見まわしてチップス方式を立案してみました。
おぉ!手抜きの割にいいんじゃないかと自賛しようと思ったらWebに載ってるよねーとの指摘を受けてちょっとがっかり。
筒の中に太陽を映してみよう[astronomy2009.jp]
多筒式。こりゃぁいいね。

ちなみに弊社の超手抜き観測キットの場合どう見えるか確認しました。下記の通りです。

RIMG0923s.jpg
こんな感じ。
ちょっと小さい?まぁいい感じだと思うよ。

もっと大きく見たいのであれば、八重山の巨大ピンホール観測装置が参考になります。
石垣島では部分日食 真栄里公園で観察会も[y-mainichi.co.jp]

あと、うちをみたきっかけで工作されている方がっ!ありがとございます。
準備オッケー[oshige.com]
窓の作りが素敵。
2009/07/21 18:51 | カテゴリ: 天文宇宙 | コメント(2) | TrackBack(0)

2009年06月30日

まだ間に合う「きずな」同時多重伝送実験

もういっちょ宇宙(ゆめ)関連。

「きずな」の同時多重伝送実験の締め切りが7/1(水)17:00までです。
メールアドレスを登録しておくと7/7(火)に宇宙経由でメールが降ってきます。

「きずな」を経由して宇宙から星空メールを送ろう![jaxa.jp]

ご用とお急ぎでない方は是非。
2009/06/30 23:43 | カテゴリ: 天文宇宙 | コメント(0) | TrackBack(0)

野口宇宙飛行士応援イベント

たまには天文でも。

別府fumy情報を求めて茅ヶ崎市のWebに行ったら見つけました。
半年ばかり地球を離れる野口さん応援イベントです。
まだ間に合います。

宇宙(ゆめ)へ、ふたたび 野口宇宙飛行士を励ます会[city.chigasaki.kanagawa.jp]

出演者はこちら[city.chigasaki.kanagawa.jp]
歌舞伎役者に古武術研究家に的川教授とそうそうたる面々です。

茅ヶ崎在住在勤の方は是非。
2009/06/30 23:40 | カテゴリ: 天文宇宙 | コメント(0) | TrackBack(0)

2009年06月12日

月を踏む

たまには天文でも。

昨日3時に起きてみたら雨。
がっかりして寝た。

こうやって飛んでいった[umelog.seesaa.net]かぐやは予定通り月に落下しました。
「かぐや」月面落下日時・場所[jaxa.jp]

ハッブルでも向けてくれりゃぁ見えたかもねぇという話をしていたのだけど、近すぎてピントが合わないのかもね。
そういやまだ修理中でしたっけ。

ともかく今日はよく月がみえますね(神奈川県央)
残念。あぁあの辺に落ちたのねと眺めながら寝ます。
RIMG0119
2009/06/12 02:33 | カテゴリ: 天文宇宙 | コメント(0) | TrackBack(0)

2009年04月04日

ISS(国際宇宙ステーション)を見ようぜ!

Image050.jpg

ただの点である。
これが何を意味するか分からないよね。
これISSです。今現在、若田宇宙飛行士が乗っている国際宇宙ステーションです、携帯で撮りました。信じがたいね。
新聞に載るようなよくある軌跡を撮影出来れば良かったのだけど。これは携帯のカメラだから開放とかできる訳もなく...。

今日のISS通過は18:44分頃だから仕事終わりに花見がてら眺めようぜという事になって、うきうきとカメラ持参で行ったのだけど。
バッテリ忘れたorz。

はい、ここにアホがいまーす。
天然と思われてしまうような落ちをつけてしまった。

けれどもISSは携帯のカメラで撮影出来るくらいの明るさであるという事が分かっただけでも収穫だと思うのだ。
あそこに人が乗っているのかと思うとこれはなかなか滋味深いと思う。
2〜3分の間は楽しめたしね。

次は一人で撮りにいきますよ。ほんと申し訳ない。

■追記
前にも書いたと思うけど、ISSの情報についてはJAXAで随時公開されている。
自力で軌道計算するか、下記サイトをまめにチェックするかすれば宇宙ステーションは目視出来る。
みんな見ようぜ!
国際宇宙ステーションをみよう[jaxa.jp]
2009/04/04 00:56 | カテゴリ: 天文宇宙 | コメント(0) | TrackBack(0)

2008年12月24日

宇宙から、メリークリスマス!Merry Christmas from Space

mo_02.jpg
送信者:エヌ様
送信者メールアドレス:novyasunskyあっとyahoo.co.jp

このメールは、はるか宇宙の36,000kmの静止軌道をまわっている超高速イ
ンターネット衛星「きずな」(WINDS)を経由して、あなたに届けられています

このメール送信は、超高速インターネット衛星「きずな」を使ったE-Mail伝送
実験に参加した、エヌ様からのご依頼によりお送りしました。

Merry Christmas from Space
You have received this e-mail from the high speed internet communicatio
n satellite "KIZUNA", which is in orbit 36,000km above Earth.
エヌ applied to JAXA for you to receive Season's Greetings fr
om space.

※「きずな」がどのような人工衛星か知りたい方は、JAXAホームページをご
覧下さい。
http://www.jaxa.jp/
宇宙航空研究開発機構(JAXA)
2008/12/24 15:54 | カテゴリ: 天文宇宙 | コメント(0) | TrackBack(0)

2008年08月12日

星のかけらを(ry

たまには天文でも。

珍しく覚えていた自分を褒めてあげる意味で書くのだけれど流星群の極大が迫っている。
今年のピークは8月12日〜13日。明日深夜。
夜中、北の方をしばらく見上げればきっと流星が見られる。
詳しい情報は国立天文台とか参照の事。
ペルセウス座流星群:国立天文台[nao.ac.jp]

1日前だけど見れるだろと期待して歩いて帰ってきたのだけれども、見上げれば灰の空、どこまでもくすんでいた。
まぁそんなもんだ、覚えていた年は大体曇りなんだ。
いつか高尾山頂ビアガーデンで流星雨を眺めながらビールを飲むという事をやってみたいのだが、それがかなう日はくるのだろうか。

明日もし晴れていれば歩いて帰ろう。
願い事は、きぼうが見られますように、だ(←それは願わなくても数重ねれば叶う)
2008/08/12 01:33 | カテゴリ: 天文宇宙 | コメント(0) | TrackBack(0)

2008年08月05日

君はきぼうの光を見たか

たまには天文でも。

希望を見失ってしまいがちな今日この頃ですが、漆黒の闇の中にきぼうを見ようじゃないか。
そう、国際宇宙ステーション[jaxa.jp]にはきぼうモジュールが連結されているのです。キーボーじゃないよきぼうだよ。

観測についてはJAXAが詳しい。
国際宇宙ステーション・スペースシャトルを見よう[jaxa.jp]

3D位置情報[jaxa.jp]はグリグリ動かせて楽しいので、Java 3Dを導入してみるべきだ。
Windows-i586版[java.net]
MacはZipで提供[java.net]

昔々ミールを見た時にはそれはもう感動したので(TBSの特派員の人が登った時だ)、きっときぼうをみたら何か立ち直れると思ったのだが、今日は豪雨でしたね。何も見えなーい。

誰か写真を撮って見せてください。
当面は今日のISS[jaxa.jp]を眺めて支えにします。ギギギ。
2008/08/05 01:42 | カテゴリ: 天文宇宙 | コメント(0) | TrackBack(0)

2008年03月01日

MRAMよ舞い上がれ!

たまには天文でも。

FreescaleのWebに天文記事が出ていた。

フリースケールのMRAM、宇宙へ[freescale.co.jp]

今年打ち上げのGOSAT[jaxa.jp]のピギーバック衛星であるところのSpriteSat。
この衛星に搭載される観測Unit、TAMUにMRAMが載るらしい。
東北大学の衛星、観測ユニットは外注なのか。

次世代メモリの座を狙うFeRAMやらMRAM、素性はとてもよさそうなんだけどまだあんまり表に出てくることは無い。
トラ技の何月号だかに一瞬記事が出たよね?あれはFRAMだったか。

そりゃぁね大メーカーが傾きかねない勢いで激闘を続けるDRAMやフラッシュメモリ界にぽっと出の新参者が正面から戦いを挑んで勝てるはずも無い。

いやしかし、極限の環境下という条件があった。
構造上宇宙線に強いMRAM、面目躍如といったところか。
MRAMはこういうブルーオーシャン(笑)に活路を見出したのかもしれないなぁ。

いやまぁMRAMも気になるけど、TAMAUのM、MEMSの方が気になる。
何が載るのだろうか。
2008/03/01 01:39 | カテゴリ: 天文宇宙 | コメント(0) | TrackBack(0)

2008年02月27日

IHIと三菱重工の明暗

たまには天文でも。

昨日の日経産業に興味深い記事が2編載っていた。

一つは、宇宙開発小委員会でのIHIの発言。
ずるずると遅延するGXロケット、開発費が3倍近くに膨張するので国に600億円の拠出を要求、と。
主幹事であるIHIが泣きを入れた。

asahi.comにも記事があるのでいずれ消えるだろうがリンクしておく。
GXロケット開発費、当初の3倍 1500億円の見通し[asahi.com]

もうひとつは三菱重工社長インタビュー。
きずなの打ち上げも無事成功して一安心なH-IIAについて。
H-IIが立て続けに失敗したときは三菱の危機だとか散々たたかれたけど、H-IIAは見事に克服した、絶好調だ。受注活動も好調で韓国企業に加え欧米企業とも交渉中だ、と。
そして納期の短縮に努めたので12月にでも打ち上げ可能ですよ、とノリノリ。

同日の新聞に載っていた2つのロケット記事。
何この明暗、日経産業のエスプリ?
2008/02/27 23:42 | カテゴリ: 天文宇宙 | コメント(0) | TrackBack(0)

2007年12月26日

かぐやの軌道データをプロット

もういっちょ天文。

もうスラドで描いている人がいたのであれだが、
かぐやの軌道データをプロットした。

拡大します

元データは月周回衛星「かぐや(SELENE)」の軌道データの提供について[jaxa.jp]

ヘッダ取って1ファイルにまとめてsplotするだけで出る。
専門知識無いけど楽しい。

生データってのがとてもいい。

ヘラルドサンツアー[heraldsuntour.com.au]なんて、Wordにキャプチャ画面の貼り付け!だから何も手を付けられないもの。
2007/12/26 17:01 | カテゴリ: 天文宇宙 | コメント(0) | TrackBack(0)

はやぶさレジンキット

たまには天文の話でも。
はやぶさレジンキット[spss.or.jp]が届いた。

Image212.jpg

Image212.jpg

インフルエンザが治ったら組み立てようと思うんだ。
2007/12/26 16:08 | カテゴリ: 天文宇宙 | コメント(2) | TrackBack(0)

2007年09月16日

種子島から帰宅

帰ってきた。
屋久島・種子島周遊ロケット打ち上げ見物の旅。

ドラクエ並に町の人や旅行者に情報聞き込みをしていたのと、ソフトバンクのエリアの狭さが原因で更新できなかった。

しかし不運が続いた
・数週間晴れが続いていた屋久島が到着したとたん大雨
・リアキャリアバッグ雨に負けて浸水
・レインウエアも負けて浸水
・へぼい張り方をしていたテントも浸水
・SPDシューズは当然乾かずえらい事に
・屋久島→種子島の町営フェリーがドック入り
・ロケット打ち上げ延期
・種子島も雨模様
・台風11号接近
・ボンバルディア緊急点検で運航未定
・飛ぶかと思ったら天候調査フラグ立つ

いやぁ全く最後まで油断できなかった。

ちなみに自転車乗りには5人ばかり遭遇。
雨と強風でみんなめげていた。
みんな靴湿ってるんだよね。

テントが水没した人もいたので、やはりあの大雨は半端じゃなかったのです(自己弁護)。

まぁ何だかんだ言っても打ち上げの日だけは晴れあがり、見事な飛びっぷりを見られたので大満足だ。
今までの苦労はこの瞬間の為にあったのだなぁ、と。

拡大します

また見に行きたい。
できればテントじゃなくってちゃんと宿に泊まる方向で。
2007/09/16 00:00 | カテゴリ: 天文宇宙 | コメント(0) | TrackBack(0)

2007年09月14日

長谷の展望台にて

Image149.jpg

打ち上がった。
2007/09/14 10:50 | カテゴリ: 天文宇宙 | コメント(0) | TrackBack(0)

2007年09月10日

僕の夏休み

ちょっと遅い夏休み。
徹夜で荷物まとめたのでとても眠いです。
1時間くらい寝ようかな(←確実に寝過ごします)

当初はツール・ド・ポローニュを見に行こうと画策し、地球の歩き方も旅の指さし会話帳もミシュランの地図も買ったのだけれども、諸般事情で止め。ポーランドはとても良いところっぽいだけに残念。

では代わりにツール・ド・北海道見に行こうかと思ったが寒そうなのでやめ。
種子島のH-IIA見に行くことにした。

種子島なので、たまたま入った食堂が新城選手の親戚経営とかハプニングも期待できない。

南の島でバカンスと気取りたいが、天気がよくない、キャンプ場8月でクローズしてそう、プロペラ機に自転車積めるのかしら、とかとかあまり優雅な感じがしないのが素敵です。

ではそんな感じでおやすみなさい。
2007/09/10 05:13 | カテゴリ: 天文宇宙 | コメント(2) | TrackBack(0)

2007年08月29日

J-1て言うな

M-5の後継というべき次期固体ロケットが研究フェーズから次へ移行するというニュースを日経産業新聞で読んだ。
めでたい。

3段、直径2.5m、2ヶ月かかる打ち上げ準備期間を短縮、SRB-Aを基に開発という話。
ん、3段なの?


*追記
最近宇宙関連のニュースに手を伸ばし始めたマイコミに記事があった。
JAXAの次期固体ロケット、開発第2段階へ - 宇宙開発委員会が了承[mycom.co.jp]

射場での作業が7日ってのはすごいな。9割減か。
2007/08/29 02:25 | カテゴリ: 天文宇宙 | コメント(0) | TrackBack(0)