2018年02月26日

QMAに自転車選手問題

QUIZ MAGIC ACADEMYロストファンタリウムより

QMAの新作アプリを遊んでいたら、サイクルロードレース問題が出たのでキャプチャの図。

QMAとはコナミの有名クイズゲームシリーズである。
前作アプリも楽しませてもらったしアーケード版も出ている。
クイズマジックアカデミー ロストファンタリウム[konami.com]

さて注目すべきは、4択問題の選択肢に入っているのがアンドリュー・タランスキー選手であるという点である。

アメリカ人自転車選手4択とした場合、グレッグ・レモン、ランス・アームストロングは必須として、クリス・ホーナー、ジョージ・ヒンカピー、タイラー・ハミルトン(一瞬メダル獲ったし)選手辺りが思い浮かぶ。そこにタランスキーが食い込んだ。

確かに2014年ドーフィネやUSのTTチャンピオンを獲っているが、なかなか渋いチョイスである。
惜しむべきは彼は2018年トライアスロンに転向してしまったという事であろうか。
(参考:Andrew Talansky - Wikipedia[wikipedia.org])
なので問題文は2017年前期に作成されたものと考えられる。

次点で入るとしたらテイラー・フィニー、アレックス・ハウズ辺りだろうか。4択、なかなか唸らされる。
さてここでクエスチョン。
あなたがアメリカ人自転車選手を4人選ぶとしたら誰を選ぶでしょうか?
  
2018/02/26 23:59 | カテゴリ: ロードレース

2017年12月29日

セガフレード閉店

セガフレード閉店

厚木のセガフレード・ザネッティが12月15日に閉店していた。
2014年オープンだそうなので3年での撤退。

神奈川に数少ないセガフレードであるが、近隣の店舗はビナウォーク店である。
県央の中心がまた一つ海老名に移動した。

【関連記事】
セガフレード(厚木)
セガフレード(二子玉川駅)

 
2017/12/29 12:04 | カテゴリ: ロードレース

2017年12月26日

SaveArgyleマグカップ到着

キャノンデール・ドラパックのアレックス・ハウズ選手が梱包作業を行う様子がTwitterに上がっていた。
SaveArgyleキャンペーンの出資者への返礼品である。




I SAVED ARGYLE!

本日我が家に到着しました。お疲れ様でした。
来年がチームと選手の皆様にとって良い年でありますよう、心よりお祈り申し上げます。

…EFエデュケーションファースト・ドラパック、として存続は確定なのですよね?
indiegogoの更新が止まったのでよくわからなかったりする。
  

2017/12/26 23:37 | カテゴリ: ロードレース

2017年11月17日

日経夕刊に浅田監督

マイナー競技の選手育成へ
日本経済新聞2017/11/16夕刊11面より。

後ろで写っている「自転車競技連盟の担当者」は浅田監督ですね。

マイナー競技団体の合同選手発掘プロジェクト「ジャパン・ライジング・スター・プロジェクト」の選考会を紹介する記事。
ここでのマイナー競技は、次の物を指す。
・水泳(飛込)
・ボート
・ウェイトリフティング
・ハンドボール
・7人制ラグビー(女子)
・自転車
・ソフトボール(女子)
(パラリンピックの競技種目は別)
メダルを獲れるソフトボールが入っているのが意外である。

この度60人の合格者が発表されたとの事。
ハンドボールから自転車へ転向して成功した新城幸也選手の例があるので、
選手の特性がより適性のある種目にあてはまると世界への道が開ける可能性がある。

東京には間に合わないかもしれないけど、今後に期待したい。

JAPAN RISING STAR PROJECT - ジャパン・ライジング・スター・プロ
ジェクト
[j-star.info]
 
【参考】
ツアー・オブ・ジャパン2017 東京ステージでサインを貰う
 

2017/11/17 23:18 | カテゴリ: ロードレース

2017年06月18日

東京オリンピック2020のロードレースコースを推測

2020年東京オリンピックの自転車のロードレースのコース変更が決定しそうである。

東京五輪 山梨でも競技実施の見通し 自転車ロードレース | NHKニュース[nhk.or.jp]

当初予定は皇居から調布という計画であったと思うが、いつの間にか都心を避けて遠く富士山方面にコースを変更するようである。

調布がスタートへ変更となり、山中湖経由で富士スピードウェイを目指すコース。
道志みちを通るのは面白い。起伏があってコーナーも多いのでサイクリングあるいはツーリングの人々が多い道である。

経路をプロットしてみた。
スタートして国道20号をそのまま走るとすると八王子〜高尾辺りで1964年のコースと一部重複するのが歴史を感じられてよい。
サミットは道志みちの山伏峠と山中湖の籠坂峠である、ただ距離が120km程と少々短い。
どこを延ばすのであろうか、注目したい。

東京オリンピック(2020)ロードレースコース推測



【関連記事】
東京オリンピック1964自転車ロードレースコース
 
2017/06/18 23:58 | カテゴリ: ロードレース

2017年06月12日

アスタナ国際博覧会2017




ドーフィネで見事勝利となったアスタナのフグルサング選手。

今年のアスタナジャージをまじまじと見たことが無く気が付かなかったのだが、胸部の三つ葉のロゴが気になった。
これはアスタナ万博のロゴらしい。
アスタナ・プロチームのサイト、PARTNERSのトップにアスタナ万博が掲載されておりました。
Astana - Pro Team[astanaproteam.kz]

2017年アスタナ国際博覧会 日本館(EXPO Astana 2017 Japan Pavilion)[expo2017-astana.go.jp] の情報によると、
「風のエネルギー」という名のロゴで使われている3色は、太陽光、風力、地熱発電をイメージし、全体は風力発電の羽根をイメージしている。

との事。

万博の開催期間は、2017年6月10日(土)〜9月10日(日)の93日間。
もう始まっていますね。
アスタナ万博公式[expo2017astana.com] (403 Forbidden)


リッチー・ポート選手は下りで離されるという点を除き悪くなかった。
下りで無理してかっとばすと重大事故が起きそうで怖いので現状維持でよい。

問題はBMCのアシスト陣が相変わらずペラペラに薄いという事。これは先代のフォナックから続く課題であるので伝統芸と言っていい。アシストが育たない、これはどうしようもないのかもしれない。挫けるなポート選手。
 
2017/06/12 23:59 | カテゴリ: ロードレース

2017年06月09日

U23 Nations Cup 13位

ドーフィネの中継で浅田監督が話題していたネイションズカップの順位を確認してみた。
確かに、イタリアより上位に位置しております。

Ranking cycling Road2017 Men Under23 NationsCup

Road - Ranking[uci.ch]→ Men Under 23 → Nations Cup と階層を降りて、01 Jun-04 Jun 2017 Grand Prix Priessnitz spa CZE LAMBRECHT (BEL) BELGIUM のRankingのところを押すと上記の画面に辿り着く。

データ直リンク
Sports Ranking[infostradasports.com]

アジア選手権のITTとRoadで勝利して 8 + 8 の 16ポイント、そして Grand Prix Priessnitz spaで雨澤毅明選手が総合18位に入り 3ポイント獲得。19ポイントの13位であると。
Grand Prix Priessnitz spaのポイントについては、ルールブックのP.11に記載がある。
Brožura / Book | Závod míru U23 Grand Prix Priessnitz spa 2017 | Závody | Jesenická cyklistická[zavodmiruu23.cz]

U23いいんじゃないでしょうか。

【関連記事】
2017アジア選手権U23男子ロードレース
 
2017/06/09 00:49 | カテゴリ: ロードレース

2017年06月04日

ツアー・オブ・ジャパン2017東京ステージ(2)

ちょっとだけ続きです。

アタ吉くん
アタ吉くん。
アタッキ・チーム・グストのキャラクター。

規制解除車
規制解除車。
いつもは選手が動き出したら駅に走るので、この車両を見る事はなかった。

ヘリコプター
スタートを撮影しているヘリコプター。
どこのでしょうか?

NNN
NNNのヘリコプターでした。

日比谷公園
ツアー・オブ・ジャパン2017東京ステージでした。

【参考記事】
ツアー・オブ・ジャパン2016 東京ステージでサインを貰う
ツアー・オブ・ジャパン2017に透明サインボード
ツアー・オブ・ジャパン2017 東京ステージでサインを貰う
ツアー・オブ・ジャパン2017東京ステージ(1)
 
 
2017/06/04 02:00 | カテゴリ: ロードレース

2017年05月29日

ツアー・オブ・ジャパン2017東京ステージ(1)

ツアー・オブ・ジャパン2017東京ステージである。

透明サインパネル
とても良い風景、しびれます。
いやぁいいものを見た。

サインをしている選手を裏側からも見る事が出来る。
お客さんが倍囲める、出走サインを紙からアクリルパネルに変更するメリットはここにある。テレビ映えもする。

透明サインパネル
透明パネルに白のマーカーである。

サインカメラを作っている経験上、白色マーカーは背景が濃色の場合(例えばピンク色など)に有効である。
しかしながら曇天であったり淡い緑が背景に来る様なシーンの場合、サインが背景に溶け込んでしまい見えにくくなる。
この場合は色を入れるとよく、黄色〜赤系統のマーカーが適しています。

【参考記事】
ツアー・オブ・ジャパン2016 東京ステージでサインを貰う
ツアー・オブ・ジャパン2017に透明サインボード
ツアー・オブ・ジャパン2017 東京ステージでサインを貰う
ツアー・オブ・ジャパン2017東京ステージ(2)
 
2017/05/29 22:34 | カテゴリ: ロードレース

2017年05月22日

ツアー・オブ・ジャパン2017に透明サインボード

私はレースのスタート前に選手がサインをするシーンが大好きである。
笑顔で手を振ったりする人もいれば緊張気味の人もいたり、選手の様々な様子が窺えるのが非常に楽しい訳である。

昨年TOJ東京ステージの開始前に栗村ディレクターをお見かけしたので、サインを頂いた。
その際に、ジロ・デ・イタリアのレース前に透明ボードにサインをする光景がすごい好きで、という話をしたら「あぁあれね」というお返事をいただいた。
当時ジロ・デ・イタリアの解説をされておられたので、ボードについてもご存知であった。


そして今年。




そうこれ、これが見たかった!!!
いい表情じゃないですか。
上記の会話はボードの透明化に何の影響も与えていないとは思うが、栗村ディレクターありがとう。
見に行こうTOJ。

Tour of Japan 2017[toj.co.jp]

【参考記事】
ツアー・オブ・ジャパン2016 東京ステージでサインを貰う
ツアー・オブ・ジャパン2017 東京ステージでサインを貰う
 
 

2017/05/22 23:32 | カテゴリ: ロードレース

2017年04月19日

Paris Roubaix 2017

年始に解約したJ Sportsオンデマンドに再契約した。
DAZNは自転車ファンに評判が悪いのでしばらく保留する。

パリ〜ルーベを見る。
トム・ボーネン選手ラストレースという事で期待を集めていたが、結果はヴァン・アーヴェルマート選手の勝利であった。
私はセクター19で1分弱の遅れとなった時点で今日はもう無理だと諦めていた。チームが必死に追いかけるが集団との差はなかなか縮まらず厳しい戦い。しかしBMCは集団に無事復帰させる。オス選手の逃げも絶妙で良かった。逃げておいて終盤で集団に降りてくるという理想的な展開が決まった。

かつて永遠の2位と呼ばれているTモバイルのヤン・ウルリッヒ選手を応援していた事があって、いっつもいいところでライバルの後塵を拝するのである。これが見ていて非常に歯がゆかった。

ヴァン・アーヴェルマート選手にも同様の傾向があり、昨年までなかなか表彰台の中央に立てなかった。
オリンピック以後流れが変わった。というのは安直で、常に勝てる位置にいる選手というのは優勝する確率が高いのである。2位でもめげずに踏ん張り続けたアーヴェルマート選手は素晴らしいなと思う。

勝利した瞬間のチームカーの様子。おめてとうございます。


 
2017/04/19 21:00 | カテゴリ: ロードレース

2017年04月17日

自転車の世紀展

茅ヶ崎市美術館で市制70周年記念として、自転車の世紀展が開催中である。
茅ヶ崎市美術館|展覧会|茅ヶ崎市制70周年記念 自転車の世紀 ―誕生から200年、自転車の新たな100年が始まる― 展[chigasaki-museum.jp]

ゲストトークとして J Sports解説でおなじみ、別府始氏がやってきました。
茅ヶ崎ですからね、ナイスチョイスです。

という事で、別府始氏にサインを貰うです。


1年ぶりに動かしたら鏡筒がもげた。
もうちょっと頑丈にしなければ。

【関連記事】
ツアー・オブ・ジャパン2016 東京ステージでサインを貰う
ツアー・オブ・ジャパン2017 東京ステージでサインを貰う
 
2017/04/17 06:00 | カテゴリ: ロードレース

2017年03月27日

充電式補聴器はフォナック

充電式補聴器はフォナック
小田急の車内広告に補聴器。

どうやら充電式というのは今まで無かったらしい。
というかこの爽やかな緑のカラーリング、そうフォナックでした。右側にPHONAKロゴがありますね。
かつて贔屓にしていたチームのスポンサーを見る事が出来て懐かしいやら嬉しいやら。

補聴器を使用する際にはフォナックを選ぼうと思います。
(いびつなチーム愛)
 
2017/03/27 07:00 | カテゴリ: ロードレース

2017年03月20日

2017アジア選手権エリート男子ロードレース


アジア選手権エリート男子ロードレース。


こちらはゴールスプリント。

続いてアジア選手権エリート男子ロードレース。
日本勢が表彰台を獲れなくてメタメタな結果だったのでスルーしていたが、面白いレースだったのでご紹介。

開催はアンドレアス・グルスキーでおなじみのバーレーンサーキット。
12.8kmx12Lapで行われる。日本からは別府・新城・増田・窪木の4選手が出場。

雨模様の序盤、別府選手を含む8人が逃げに乗る。
その後メイン集団から2人、4人の追走が出てその中に新城選手が乗る。

2017_Asian Cycling Championships - Men Elites_1
www.youtube.com/watch?v=wXn6hm2yWBg 4:12に加筆

最終周回で追いついた新城選手。

2017_Asian Cycling Championships - Men Elites_2
www.youtube.com/watch?v=wXn6hm2yWBg 4:20に加筆

ラスト2個前のコーナーで新城選手は最後尾にまわる。
逃げ集団の先頭は別府選手。

2017_Asian Cycling Championships - Men Elites_3
www.youtube.com/watch?v=wXn6hm2yWBg 4:24に加筆

ここでカザフスタンの選手がアタックをしかける。

2017_Asian Cycling Championships - Men Elites_4
www.youtube.com/watch?v=wXn6hm2yWBg 4:32に加筆

別府選手が後ろを窺いつつ集団を牽く。
カザフの選手を様子見かと思った瞬間、新城選手がアタックして先頭との差を詰める。
この切れ味は2016年のTOJ伊豆ステージを思い出させる。

2017_Asian Cycling Championships - Men Elites_5
www.youtube.com/watch?v=wXn6hm2yWBg 5:06に加筆

しかしながらバーレーンは伊豆と異なりフィニッシュまで平坦であるので差が広がらず、最終的に集団スプリントとなる。
ラスト別府‐新城のトレインを組んだようにも見えるが、分断してゴール。
韓国のPARK Sanghong選手が100m踏み切った、強いです。

2017_Asian Cycling Championships - Men Elites_Finish2
www.youtube.com/watch?v=czDgD6jYuC0 0:05より

別府選手粘って4位。

2017_Asian Cycling Championships - Men Elites_Finish3
www.youtube.com/watch?v=czDgD6jYuC0 0:06より

新城選手7位。
最後ハンドル投げてなかったら8位だったかも。

逃げに1名送り込んだら残りは集団待機、終盤の追走を見逃さずに1名送り込み最後はゴールスプリントという盤石の展開。ヨーロッパの強豪チームが行いそうな戦い方、勝てなかったけれど見ごたえのあるレースであった。これJ Sports辺りで中継したらよかったのに、もったいない。

ただまぁこの様な富豪的戦術はアジア選手権でしか行えない(世界選手権で絶対に出来ない)ので意味あるの?とも言える。枠が4名あるなら内部で2チームに分けて弱小国の戦術を編み出す機会にしてもいいんじゃないかと思う。

エリート男子ロードレース
1. PARK Sanghong (KOR)
2. MIRZA ALHAMMADI Yousif (UAE)
3. BIZHIGITOV Zhandos (KAZ)
4. 別府史之(トレック・セガフレード)

7. 新城幸也(バーレーン・メリダ)

26. 増田成幸(宇都宮ブリッツェン)

28. 窪木一茂(NIPPO VINI FANTINI)
 
2017/03/20 16:00 | カテゴリ: ロードレース

2017アジア選手権U23男子ロードレース



アジア選手権U23男子ロードの動画を見る。

日本の岡本選手がカザフスタンの選手にスプリントで勝利。
ぎりぎりまでカザフスタンの選手について絶妙なタイミングで飛び出した。お見事。

インタビューで岡本選手は「これはチーム全体で獲ったもので自分がたまたまゴールスプリントしただけの勝利」と語っていた。
謙虚な姿勢。今後に注目ですな。

U23男子子ロードレース(115.2km)
1位 岡本隼(日本大学)2:44:43
2位 GIDICH Yevgeniy KAZ 2:44:43
3位 GANJKHANLOU Mohammad IRI 2:44:43

7位 小野寺玲(宇都宮ブリッツェン)2:44:43

23位 石上優大(EQADS)2:45:11

DNF 雨澤毅明(宇都宮ブリッツェン)
 

2017/03/20 13:02 | カテゴリ: ロードレース

2017年03月03日

仁義なきマトリックスパワータグ

3月3日に2017年度Jプロツアー登録チームが全日本実業団自転車競技連盟JBCFより発表され、ざわつきが生じた。
リストに掲載されている一部チームの名前が強烈な印象を放っていたのである。




何かの間違いだろう、とJプロツアーのページを見たら本当にこの名称で登録されていた。
「仁義なきマトリックスパワータグ」である。

仁義なきマトリックスパワータグ

仁義なきマトリックスパワータグ | JBCF 全日本実業団自転車競技連盟 公式サイト[jbcf.or.jp]

チームマトリックスのWebサイトに掲載されている2017年の選手一覧資料図.1[team-matrix.jp]を見ると、確かに「仁義なきマトリックスパワータグ」とある。
これが前振りであったのか。

2017年度チームメンバー! | TEAM MATRIX POWERTAG[team-matrix.jp]

素晴らしい。
仁義なきマトリックスパワータグには名前に違わぬ戦いを繰り広げ、頂上を制して貰いたい。

なお、UCI登録はMATRIX POWERTAG without Honor and Humanity とかではなく普通である。
UCI Road Teams - MATRIX POWERTAG

Road - Teams[uci.ch]
 
2017/03/03 23:59 | カテゴリ: ロードレース

2017年02月01日

メカニカルドーピング報道から出力を検証

メカニカルドーピング、昨年シクロクロス女子で初の違反者が出てその後チェック体制が強化される事となったが、ここにきてチームスカイに疑惑が降りかかっている。

強豪スカイやアームストロング氏に隠しモーター使用疑惑、米報道 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News[www.afpbb.com]

モーターは軍規格の金属で作ったもので、駆動音は静か。リチウム電池で作動し、隠しボタンを押すと計20分間は推進力が一定度増す仕組みになっている。心拍数と連動して遠隔で作動する仕組みも搭載されていて、選手の心拍数があるレベルを超えると、モーターが駆動を始めるという。


軍規格は超すごい技術というものでなく単なるMIL規格というもの、リチウム電池というものは存在するがここではリチウムイオン電池の誤りであろう。

心拍数連動というのは目新しい。
心拍が上昇した時にアシストが働くというアイデアは一見良さそうだが、これは筋が悪い。
例えば道端から犬が飛び出してきてドキッとした場合もアシストが働いてしまい危険である。それに毎回心拍計と自転車をペアリングするのだろうか。こんな面倒な事をしなくても普通にトルクセンサの値を読めばいい、という意味でちょっとこの部分は疑わしい。

さて、記事に出てきた800g重い, 20分というキーワードからモータの出力がどれくらいなのか検討してみる。

バッテリーは入手が容易な18650サイズのLi-ion電池を使用する。
自転車に隠せるとすると4本くらいだろう。
3.7V/3000mAhとすると44.4Wh

総合効率を40%と仮定し、20分でバッテリーを使い切ると54Wとなる。

重量はどうか。
電池1本50gとしてバッテリーが200g、残りはモータとドライバで600g。
倍半分になるかもしれないが大体のオーダーは合っているだろう。

ところで現在市販の電動アシスト付き自転車の出力は250W程度であるので、この疑惑の自転車は1/5のアシスト量という事になる。しかも使える時間は20分。ロードレースは5〜6時間続くにもかかわらずである。
あまりにも中途半端な仕様ではないか?
これなら人間のアシストに引っ張ってもらった方が遥かにましである。数値を重視する論理的なチームスカイが手を出すとは考えづらい。

あと使いやすいポジションなのか知らないがドーピングの報道の度にタイラー・ハミルトンを引っ張り出すなと言いたい。
もう普通のニュースではお目にかかれないのかなあ、私は悲しいよ。

【メカドーピング関連記事】
メカニカルドーピングへの裁定
 
2017/02/01 23:11 | カテゴリ: ロードレース

2016年10月29日

2016 Le Tour de France SAITAMA CRITÉRIUM

フラム・ルージュ
ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムである。
初めて観に行ったがこれはなかなか楽しいものであった。

愛三工業レーシングチーム
オープニング走行の愛三工業レーシングチーム。
ポストカードを配る。

愛三工業レーシングチーム
こういうのよいね。

スペシャルチームジャパン
トラックの混成チーム。
ニッポと学生。

新城選手と別府選手
新城選手と別府選手。

ヒゲ
ヒゲ。
ジャイアント・アルペシン。

ETIXX-QUICK STEP
エティックス・クイックステップ。

AG2Rと悪魔
AG2Rと悪魔おじさん。

ディアブロおじさんは自転車
ツールといえばこの人である。
ほんとよく招致できたと思う。

ディアブロ子ちゃんは走る
悪魔おじさんの後から走ってきたディアブロ子ちゃん達。
自転車に追いつける訳もなく、ちょっとした罰ゲームである。

アルドワジエ
タイムギャップを表示する黒板バイク。

フルーム選手
フルーム選手。
TTの姿勢が浅いという違和感を感じた。
ノーマルバイクのせいだろうか。

新城選手前
ポイントレースはTTに出場しなかったメンバーが走る。
終始先頭でポイントを窺う新城選手。
見事に獲りましたね。

ヒゲ
虹色のヒゲ。
余裕な表情。

IMGP7123_
クリテリウムメインレース。
パレードランにもかかわらず本気逃げの内間選手。
アグレッシブでよいです。

ところで、平地なのに何で山岳賞があるのかコースを歩き回っていて謎が解けた。

さいたま新都心地下道
さいたま新都心地下道を下る。
けっこうな勾配。

7%勾配
駅地下、最低部に7%の勾配標識がある。

山岳ポイント
地下道の勾配が急なので登り切ったところを山岳ポイントとしている、という事だった。
これは納得。
  

2016/10/29 20:23 | カテゴリ: ロードレース

2016年10月16日

世界選手権男子エリート2016

2016-10-16 (2)
世界選手権男子、UCI Channelからはじき出されるの図。

ロード男子はNHKとJ Sportsがあるのでお前のとこの国には配信しないよ、という意地悪フィルターが発動した。
名前出ている以上、2社にはきっちりライブ中継して頂きたい。

2016-10-16 (1)
フィニッシュラインの辺りに日の丸と宇都宮ブリッツェンの旗が見える。

別府選手はDNF、新城選手は5:26遅れの35位。
終始集団内にいたようで、ちょこちょこ中継に映り込んでいました。

中継がカヴェンデッシュ連呼だったので、てっきりそのままいくかと思ったらサガンが押さえた。
そして3位はトム・ボーネン。久しぶりに絡んできた。いやあ、よいスプリントでした。

そういえばこの3名、みんなアルカンシエル着用組でしたね。
 

2016/10/16 23:32 | カテゴリ: ロードレース

2016年10月15日

世界選手権女子エリート2016

UCI Road World championship Race Woman Elite (2016)
カタールのドーハで開催中の自転車世界選手権女子エリートのレースで與那嶺選手が逃げている。
世界選手権なりオリンピックのロードレース競技で日本人選手の逃げというのはあまり聞いたことがない。

出場できる人数も限られ、組織的戦いが難しいならばせめて逃げて目立つというのはよい戦略である。
いや、もちろん勝てばそれに越したことないですが。



 
2016/10/15 20:07 | カテゴリ: ロードレース

2016年08月21日

アンドレアス・グルスキー ツール・ド・フランスTの路上ペイントについて考察

アンドレアス・グルスキーのTour de France Iの鑑賞メモを整理していた。
どこを撮影したかについては既に検証済みであるので、今回は路上ペイントについて考察する。

作品は巨大なのでグリッドで区切り確認を行った(図.1)。

Tour de France I (2007) mapping
図.1 Tour de France I グリッド区切り

路上ペイントが視認できるのは画角と距離の関係上作品の下半分、つまりイゾアール峠側(番号7〜12)に限られる。

以下が確認結果である。
同一エリアで複数列挙してある場合は、標高の低い箇所に書かれたものから順に記載している。
路上ペイントから選手名が判別付く場合は⇒の後にチーム名、選手名(アルファベット)の順で記載している。
なお、確度が低い場合は?を付加している。
--
路上ペイント確認結果
[01] F12: 赤色でTOTSCHNIG ⇒ ゲロルシュタイナーのジョージ・トーチニヒ(Georg Totschnig)
[02] F12: 黄色で07 ⇒ ゼッケンNo.だとするとディスカバリー・チャンネルのヤロスラフ・ポポヴィッチ(Yaroslav Popovych)?
[03] D11, D12, E12 : オレンジ色でJoly x14 ⇒ フランセス・デ・ジュのセバスチャン・ジョリー(Sébastien Joly)
[04] C11: オレンジ色でSEB Joly 右側にSEB JOLYの横断幕 ⇒ 同上
[05] C11: 白色で*NGEL(*は駐車車両で隠れて不明) ⇒ サウニエル・デュバルのホセ・アンヘル・ゴメス・マルチャンテ(José Ángel Gómez Marchant)かフォナック・ヒアリング・システムのミゲルアンヘル・ペルティゲロ(Miguel Angel Martin Perdiguero)
[06] C11: 白色で*ATALIE(*は一時停止車両で隠れて不明) ⇒ 不明
[07] C11: 白色で☺スマイルマーク+DOM ⇒ 不明
[08] C11: 白色に黄色の塗りつぶしで07 ⇒ ゼッケンNo.だとするとディスカバリー・チャンネルのヤロスラフ・ポポヴィッチ?(Yaroslav Popovych)?
[09] C11: 白色で***TE(*は車で隠れて不明) ⇒ 不明
[10] C11: 白色で**ORN(*は車で隠れて不明) ⇒ 不明
[11] C11: 赤色でTOTSCH ⇒ ゲロルシュタイナーのジョージ・トーチニヒ(Georg Totschnig)?
[12] C11: 白色でFOSTER ⇒ 不明
[13] C11: 白色でPAY THE CHICKI BACK ⇒ 不明
[14] C11: 白色で矢印と風船の絵 ⇒ 不明
[15] C11: 白色でT-Mobileのロゴ
[16] C11: 白色でMATZE x2 ⇒ Tモバイルのマティアス・ケスラー(Matthias Kessler)?
[17] C11: 白色でFEDRIGO PIERRICK FEDRIG* (*は駐車車両で隠れて不明) ⇒ ブイグ・テレコムのピエリック・フェドリゴ(Pierrick Fedrigo)
[18] D11: 白色でMATZE x2 ⇒ Tモバイルのマティアス・ケスラー(Matthias Kessler)?
[19] D11: 白色でT-Mobileのロゴ(駐車車両で半分隠れている)
[20] F11: 白色でT-Mobileのロゴ
[21] G11: 白色でMATZE ⇒ Tモバイルのマティアス・ケスラー(Matthias Kessler)?
[22] H11: 白色でMATZE ⇒ Tモバイルのマティアス・ケスラー(Matthias Kessler)?
[23] H11: 白色で**TZE(*は駐車車両で隠れて不明) ⇒ Tモバイルのマティアス・ケスラー(Matthias Kessler)?
[24] G10: 白色で縦に**TZE(*はAG2Rのチームカーで隠れて不明) ⇒ Tモバイルのマティアス・ケスラー(Matthias Kessler)?
[25] G10: 白色でT-Mobileのロゴ(ケスデパーニュのチームカーで下半分が隠れている)
[26] F10: 白色でM**TZE(*はアグリチュベルのチームカーで隠れている) ⇒ Tモバイルのマティアス・ケスラー(Matthias Kessler)?
[27] E9 : 白色でMATZE ⇒ Tモバイルのマティアス・ケスラー(Matthias Kessler)?
[28] D9 : 集団の前方に星条旗、左にLEVI、上にFLOYD、右にDAVID ⇒ ゲロルシュタイナーのリーヴァイ・ライプハイマー(Levi Leipheimer)、フォナック・ヒアリング・システムのフロイド・ランディス(Floyd Landis)、チームCSCのデイビッド・ザブリスキー(David Zabriskie)
[29] D9 : 白色でT-Mobileのロゴ
[30] D9 : 白色でMATZE ⇒ Tモバイルのマティアス・ケスラー(Matthias Kessler)?
[31] C9 : 白色でT-Mobileのロゴ
[32] C9 : 白色でMATZE ⇒ Tモバイルのマティアス・ケスラー(Matthias Kessler)?
[33] C8 : 白色でMATZE ⇒ Tモバイルのマティアス・ケスラー(Matthias Kessler)?
[34] B8 : 白色でT-Mobileのロゴ
[35] B8 : 白色でMATZE ⇒ Tモバイルのマティアス・ケスラー(Matthias Kessler)?
[36] B8 : ピンク色でT-Mobileのロゴ
[37] B8 : ピンク色で*inkewitz(*は観客で隠れて不明) ⇒ Tモバイルのパトリック・シンケヴィッツ(Patrik Sinkewitz)
[38] B8 : ピンク色でSV47 ⇒ ?
[39] B8 : ピンク色でRiesa ⇒ ?
[40] A8 : 白色でMATZE ⇒ Tモバイルのマティアス・ケスラー(Matthias Kessler)?
[41] A8 : ピンク色でT-Mobileのロゴ
[42] A8 : 白色でMATZE ⇒ Tモバイルのマティアス・ケスラー(Matthias Kessler)?
[43] A8 : ピンク色で**oden(*は観客で隠れて不明) ⇒ Tモバイルのアンドレアス・クレーデン(Andreas Klöden)
[44] A8 : 白色でT-Mobileのロゴ
[45] A8 : 白色でMATZE ⇒ Tモバイルのマティアス・ケスラー(Matthias Kessler)?
[46] A8 : 白色で矢印
[47] A8 : 白色でT-Mobileのロゴ
[48] A8 : ピンク色で**bensen(*は観客で隠れて不明) ⇒ 不明
[49] A8 : 白色でMATZE x2 ⇒ Tモバイルのマティアス・ケスラー(Matthias Kessler)?
[50] A8 : 白色で矢印
[51] A8 : ピンク色でRiesa ⇒ 不明
[52] A8 : 白色でMATZE ⇒ Tモバイルのマティアス・ケスラー(Matthias Kessler)?
[53] A8 : ピンク色に黄色のアンダーラインでRiesa ⇒ 不明
[54] A8 : 白色でT-Mobileのロゴ(キャンピングカーで殆ど隠れている)
[55] A8 : ピンク色でGo!の文字 ⇒ 応援
[56] A8 : 白色でM****(*はキャンピングカーで隠れて不明) ⇒ Tモバイルのマティアス・ケスラー(Matthias Kessler)?
[57] B8 : ピンク色でSV47 ⇒ 不明
[58] B8 : 白色でT-Mobileのロゴ(キャンピングカーで殆ど隠れている)
[59] B8 : 白色でMATZE x2 ⇒ Tモバイルのマティアス・ケスラー(Matthias Kessler)?
[60] C8 : 白色でMATZE(観客に埋もれている) ⇒ Tモバイルのマティアス・ケスラー(Matthias Kessler)?
[61] C8 : 白色でT-Mobileのロゴ(キャンピングカーで殆ど隠れている)
[62] D8 : 白色でT-Mobileのロゴ(キャンピングカーで殆ど隠れている)
[63] D8 : 白色でMATZE(観客に埋もれている) ⇒ Tモバイルのマティアス・ケスラー(Matthias Kessler)?
[64] E8 : 白色でMATZE(観客に埋もれている) ⇒ Tモバイルのマティアス・ケスラー(Matthias Kessler)?
[65] E8 : 白色でT-Mobileのロゴ(観客で隠れている)
[66] F8 : 白色でMATZE(観客に埋もれている) ⇒ Tモバイルのマティアス・ケスラー(Matthias Kessler)?
[67] F8 : 白色でHILDE(観客に埋もれている) ⇒ 不明
[68] H8 : 白色でMAT**(観客に埋もれている) ⇒ Tモバイルのマティアス・ケスラー(Matthias Kessler)?
[69] H7 : 白色でMOREAU、DESSEL ⇒ AG2Rのクリストフ・モロー(Christophe Moreau)、同シリル・デッセル(Cyril Dessel)
[70] H7 : 白色でHINCAPIE、POPO ⇒ ディスカバリーチャンネルのジョージ・ヒンカピー(George Hincapie)、同ヤロスラフ・ポポヴィッチ(Yaroslav Popovych)
[71] G7 : Championのゲートの先に黄色でCHRISTIAN POTIN ⇒ 不明
[72] G7 : Championのゲートの先に黄色で***RUN MAN(*はゲートで隠れて不明) ⇒ 不明
--
抜けがある場合はご連絡いただければ幸いです。

ところで何故、Tモバイルのロゴ(大文字のTに■x4)が頻発しているのか理由が分かった。

A8エリアのコーナー内側に注目して頂きたい。ピンク色ののぼりを立てたキャンピングカーがいる。
このTモバイル応援団の方々がペイントの仕掛け人ではないかと考えられる。
(A8)T-Mobile Corner
図.2 Tモバイルコーナー(アンドレアス・グルスキー展図録を拡大)

中継映像を確認してみると確かにT-Mobileの幟が見える(図.3)。
2006/07/18 14:07:01
図.3 ツール・ド・フランス2006 第15ステージ 現地時刻14:07:01をスクリーンキャプチャ

また、第15ステージの中継映像からグルスキーが撮影した時刻が判明した。
作品と同じ位置に集団が来るその瞬間が中継映像に映っていたのである。
ポイントはD9にある星条旗の路上ペイント(図.4)である。

LEVI & FLOYD & DAVID & Flag Markings
図.4 星条旗の路上ペイント(再現)

この路上ペイントに集団が迫る瞬間が撮影の時刻である。
中継映像を確認した結果を図.5に、カメラバイクとメイン集団の位置関係を図.6に示す。

2006/07/18 14:11:53
図.5 ツール・ド・フランス2006 第15ステージ 現地時刻14:11:53をスクリーンキャプチャ

Camera Moto & Main Group
図.6 カメラバイクとメイン集団の位置関係(アンドレアス・グルスキー展図録を拡大及び加筆)

撮影時刻は日本時間21:11:53、フランス時間で14:11:53である。
先頭、2番目をケスデパーニュの選手が固め、三番目にマイヨジョーヌ(ケスデパーニュのオスカル・ペレイロ)、山頂側にフォナック・ヒアリング・システムの選手(フロイド・ランディスかアシスト)が見える。

もし生データを参照する機会があればExifを参照し撮影時刻の答え合わせをしてみたいところである。


参考資料
・ANDREAS GURSKY | アンドレアス・グルスキー展
・アンドレアス・グルスキー展図録 2013年 読売新聞社
・ツール・ド・フランス2006 第15ステージ 2006年 J SPORTS
・ツール・ド・フランス2006 竢o版 ISBN:9784777906024
・ヤエスメディアムック151チクリッシモ第2号 八重洲出版 ISBN:9784861440533


【関連記事】
アンドレアス・グルスキーのツール・ド・フランスTはどこか
アンドレアス・グルスキーのツール・ド・フランスTはどこか2
Huyのペイントはいくつあるのか
  
 
2016/08/21 18:20 | カテゴリ: ロードレース

2016年07月04日

Tour de France Appの通知機能

Richie Porte has a flat tyre
リッチー・ポートパンクの通知。

AndroidのTour de France Appは何かあると通知してくれる。
パンク通知は昨日出なかったと思う。
落車はあったがパンクは無かった?
 
2016/07/04 00:30 | カテゴリ: ロードレース

2016年07月03日

ノルマンディは年中雨

Normandie fort et vert
ノルマンディのポストカード。
ルーアン駅(Gare de Rouen-Rive-Droite)で購入。

春夏秋冬常に雨という地域のやけくそ気味なポストカード。
今年のツール、風は強そうだけどいい天気で何より。
 
2016/07/03 10:00 | カテゴリ: ロードレース

2016年07月02日

Tour de France App更新

Tour de France Application
ツール・ド・フランス開幕日にアプリが更新された。

Tour de France Application
2016年版となった。
今年は7/2〜7/24まで。

Teams
チーム一覧。

BMC RACING TEAM
BMC Racing Team
リッチー・ポートがエースナンバーであるがアメリカ勢がくると思う。

LAMPRE-MERIDA
ランプレ・メリダ。

ARASHIRO Yukiya
復活の新城選手。
頑張っていただきたい。

Stage1 Course Profile
コースプロフィール。

Stage1 Course Introduction
スタート地点とゴール地点の紹介。
今年はモン・サン・ミッシェルが始点。

Stage1 Course Schedule
スケジュール。
キャラバンと選手の通過予定時刻が一覧でわかる。
これ持って観戦に行けば便利だろうね。
 

2016/07/02 13:10 | カテゴリ: ロードレース