2008年03月01日

MRAMよ舞い上がれ!

たまには天文でも。

FreescaleのWebに天文記事が出ていた。

フリースケールのMRAM、宇宙へ[freescale.co.jp]

今年打ち上げのGOSAT[jaxa.jp]のピギーバック衛星であるところのSpriteSat。
この衛星に搭載される観測Unit、TAMUにMRAMが載るらしい。
東北大学の衛星、観測ユニットは外注なのか。

次世代メモリの座を狙うFeRAMやらMRAM、素性はとてもよさそうなんだけどまだあんまり表に出てくることは無い。
トラ技の何月号だかに一瞬記事が出たよね?あれはFRAMだったか。

そりゃぁね大メーカーが傾きかねない勢いで激闘を続けるDRAMやフラッシュメモリ界にぽっと出の新参者が正面から戦いを挑んで勝てるはずも無い。

いやしかし、極限の環境下という条件があった。
構造上宇宙線に強いMRAM、面目躍如といったところか。
MRAMはこういうブルーオーシャン(笑)に活路を見出したのかもしれないなぁ。

いやまぁMRAMも気になるけど、TAMAUのM、MEMSの方が気になる。
何が載るのだろうか。
2008/03/01 01:39 | カテゴリ: 天文宇宙 | コメント(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/87761575
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック