2008年02月27日

IHIと三菱重工の明暗

たまには天文でも。

昨日の日経産業に興味深い記事が2編載っていた。

一つは、宇宙開発小委員会でのIHIの発言。
ずるずると遅延するGXロケット、開発費が3倍近くに膨張するので国に600億円の拠出を要求、と。
主幹事であるIHIが泣きを入れた。

asahi.comにも記事があるのでいずれ消えるだろうがリンクしておく。
GXロケット開発費、当初の3倍 1500億円の見通し[asahi.com]

もうひとつは三菱重工社長インタビュー。
きずなの打ち上げも無事成功して一安心なH-IIAについて。
H-IIが立て続けに失敗したときは三菱の危機だとか散々たたかれたけど、H-IIAは見事に克服した、絶好調だ。受注活動も好調で韓国企業に加え欧米企業とも交渉中だ、と。
そして納期の短縮に努めたので12月にでも打ち上げ可能ですよ、とノリノリ。

同日の新聞に載っていた2つのロケット記事。
何この明暗、日経産業のエスプリ?
2008/02/27 23:42 | カテゴリ: 天文宇宙 | コメント(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック