2016年03月20日

ティレーノ〜アドリアティコ2016第7ステージ ヒストグラム

ティレーノ〜アドリアティコ2016第7ステージのヒストグラムを示す。

Tirreno Adriatico 2016 Stage7 Histgram

最終ステージという事もあって分布が歪んでいる。
山岳TT、あるいはステージレースの終盤のTTで総合順位に関係ない選手が足切りにかからない程度に力を抜くとこの様に尾を引く分布となる。(歪度が上がる)

1位はカンチェラーラ。
強いカンチェラーラを久しぶりに見た。2位に13秒差とつき離している。

2位はFDJのLE BON Johan選手。短距離とはいえトニ・マルティンを抑えた事は素晴らしい。
6位もFDJである。FDJはTTに力を入れ始めたのだろうか?注目したい。

Tirreno Adriatico 2016 Stage7(10.050km) Result
--------------------------------------------------------------
No. Name Con. Team Time 偏差値
--------------------------------------------------------------
1. CANCELLARA Fabian SUI TREK-SEGAFREDO 11:08 68.2
2. LE BON Johan FRA FDJ 11:21 64.6
3. MARTIN Tony GER ETIXX-QUICKSTEP 11:23 64.0
4. DOWSETT Alex GBR MOVISTAR TEAM 11:23 64.0
5. BODNAR Maciej POL TINKOFF 11:25 63.5
6. GENIEZ Alexandre FRA FDJ 11:26 63.2
7. BOASSON HAGEN Edvald NOR DIMENSION DATA 11:27 62.9
8. KIRYIENKA Vasil BLR TEAM SKY 11:28 62.6
9. CARUSO Damiano ITA BMC RACING TEAM 11:30 62.1
10. SAGAN Peter SVK TINKOFF 11:32 61.5
: : : : : :
23. VAN AVERMAET Greg BEL BMC RACING TEAM 11:39 59.6
--------------------------------------------------------------

総合はBMC Racing Teamのファンアーヴェルマートが獲った。

ファンアーヴェルマートは先のOmloop Het Nieuwsblad勝って上げ調子。あまり得意でないTTで何とかこらえたという形。サガンは上位10位に食い込む好成績だったが、距離の短さがあだとなってタイム差が開かなかった。

ではどれくらいあれば1秒差を開くことができただろうか?

第7ステージの距離が10.050kmなのでサガンの速度は52.28q/h 、ファンアーヴェルマートは51.76q/h。
よって1秒差を開くためには、あと 1.44km長ければよかったという計算になる。

たらればという話をするのであれば、TTTの差がBMCとTINKOFFで11秒もあるので、ここでもうひと頑張りしていればという事の方が現実的である。
雪による山岳ステージキャンセルというアクシデントをものにしたBMCの総合力と言えよう。

参考
Classifica » Tirreno Adriatico[tirrenoadriatico.it]
 
2016/03/20 19:31 | カテゴリ: レース解析