2014年04月28日

アンドレアス・グルスキーのツール・ド・フランスTはどこか2

グルスキー展図録より
アンドレアス・グルスキー展図録よりTour de France I , 2007

以前、アンドレアス・グルスキーのツール・ド・フランスTはガリビエ峠であると断定した。
アンドレアス・グルスキーのツール・ド・フランスTはどこか
......のであるが、実は気になる点が残っていた。

以下に対比図を載せる。

ガリビエ峠
図.1 ガリビエ峠

図.1の左側はグルスキーのツール・ド・フランスTより道路と山岳の形を抽出したものである。黒線が山の稜線、灰色が選手の通過する道路、点線が未舗装路である。
右側は推定位置のGoogle Earthスクリーンキャプチャである。

グルスキーの写真上部がガリビエ峠である事はGoogle Earthの画像からも明らかであるが、
下半分では何故か道路がうまくマッチしなかったのである。Google Earthのスクリーンキャプチャが上半分しかないのはその為である。
そして、今一度グルスキーの写真を見て頂こう。写真中央部に赤いゲートが存在するという点が気にかかった。
このタイプの赤いゲートは通常ツール・ド・フランスにおいて峠のピークに置かれるものではなかっただろうか?峠の中間地点にゲートが存在するのだろうか。

そこで、ツール・ド・フランス2006 第16ステージの中継を確認してみた。
第16ステージはレースの趨勢が決定する重要なステージと目されていたので、幸いにもスタートから中継が行われていた。(補足すると、自転車レースはスタートからゴールまで5時間程度を要するの通常のTV中継はレースの中盤からとなる事が多いのである。)
中継録画を確認したところ、スタートからガリビエ峠の頂上に至るまで赤いゲートは出現しなかった。
つまりこの写真中央部の赤いゲートはガリビエ峠とは別の峠という事になる。

そう、ツール・ド・フランスTの写真の中に峠は2つ存在したのである。
グルスキーは合成を多用する作家である、という基本的な事実を何故思い出さなかったのか。
よし判ったガリビエ峠だ!と等々力警部並に先走った答えを出してしまった事を反省せねばなるまい。

改めて中央部のもう一つの峠について写真を確認してみた。
注目箇所は図.2に示す4点である。

ツール・ド・フランスI
図.2 確認箇所

1)青色のヘリコプターが確認出来る事からある程度の平場が存在する
2)山頂に向かって左側に仮設ではなさそうな建物が存在する
3)赤いゲートが建っている(これは仮設)
4)建物の向かいに石塔が立っている

さてこのような峠はどこに存在するのだろうか。

石塔と言えばクロワ・ド・フェール峠(Col de la Croix de Fer)が思い浮かぶ。
しかしクロワ・ド・フェール峠のそれは石塔の上に十字架が載っているものである。
グルスキーの写真を見る限りどうもそのようなタイプではない。

クロワ・ド・フェール峠ストリートビュー
図.3 クロワ・ド・フェール峠ストリートビュー画像をスクリーンキャプチャ

ストリートビューを確認してみる(図.3)
左側に見える石塔の上に十字架が確認出来るだろうか?
これがクロワ・ド・フェール(Croix de Fer = 鉄の十字架)峠の特徴である。
そしてカフェのような建物が石塔と同じ側に存在する。
よってグルスキーの写真はクロワ・ド・フェール峠ではない。

ではイゾアール峠(Col d'Izoard)だろうか。この峠にも塔が建っていたはずである。
まず、Google Earthで確認してみよう。
イゾアール峠
図.4 Google Earth イゾアール峠付近をスクリーンキャプチャ

どうだろう、道路の線形が写真とかなり似ているのではないか。
そして峠のサミット付近、道路から左側に行くとヘリコプターが止まれそうな平場もある。

イゾアール峠ストリートビュー
図.5 イゾアール峠ストリートビュー画像をスクリーンキャプチャ

ストリートビューを確認してみる(図.5)
画面左側に建物があり、右側に石塔が存在する。これは正解だろう。

ガリビエ峠とイゾアール峠
図.6 Google Earthスクリーンキャプチャによるガリビエ峠とイゾアール峠の合成

*追記
当時のレース中継を確認したところイゾアール峠の山頂に青いヘリコプターを見つけた(図.7)
赤いゲートその他設備等も写真と一致する。
2006/07/18 14:09:11
図.7 ツール・ド・フランス2006 第15ステージ 現地時刻14:09:11をスクリーンキャプチャ


参考資料
・Google Earth
・ANDREAS GURSKY | アンドレアス・グルスキー展
・アンドレアス・グルスキー展図録 2013年 読売新聞社
・ツール・ド・フランス2006 第15及び第16ステージ 2006年 J SPORTS
・キャパの十字架 2013年 文藝春秋 沢木耕太郎著
 
2014/04/28 04:09 | カテゴリ: ロードレース | コメント(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/395726212
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック