2006年11月25日

バイク復活

バッテリー外して充電。

ST06111

STのバッテリーって簡単に外せて便利な場所にある。
鍵すらかかってないのな。盗難とか考えてない牧歌的デザイン。

鉛バッテリーは私のようなバカでも充電できるので良い。
これがLi-ionだと素人の手に負えないので困る。
Li-ion電池はちゃんと管理しないとバクハツするってとこが原発みたいな、 って書こうとしたら日エレのコラムに全く同じ内容がでていたので略。

で、充電済みバッテリを装着してセル回しまくったんだけどいっこうにエンジンがかかる気配がなくってあげくバックファイヤーを起こす始末。

手に負えないのでI氏に救援。

曰く
・チョーク引いてアクセル回してエンジンかけようとしたのが間違い
・そりゃかぶる
・濃いんだからエンジンの外で爆発するんだ
・つかイリジウムプラグ持ってんだから(このまえ買った)変えれ

プラグ(これも外しやすい場所にあるので厳重に場所は秘す、わはは)を外せば
おお真っ黒だ。

ST06112

これはひどい。真っ黒だ。
おまけに火花が飛びそうに無いなまくらプラグ。イリジウムに交換だ。

一応、キャブのガソリンを抜いた上で改めてセル回したら一発でかかった!
久しぶりエンジン君。無事で何よりだ。

ST06113

1時間くらい走ってきたけど、やー寒いよ。
もう冬眠だな。

2006/11/25 23:31 | カテゴリ: バイク | コメント(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28274869
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック