2006年06月23日

[S]スイス旅行についての情報

スイス旅行に際して使用した資料。

J SPORTSの自転車中継
2004年のツールドスイス、サステン峠辺り。
解説の市川さんがスイスは自転車をそのまま電車に乗せられるし、あげく峠を上っていて疲れたらバスに乗せちゃえばいいんですよ!と言っていた事が頭の隅に残っていた。
あと中継見た方は分かると思うが物凄く景色がいい、そして自転車道もしっかりしているという事が見て取れる。

ツールドスイスオフィシャル
ここには各ステージのコースプロフィールがある。
観戦する際に大いに役立った。
私はPSPと携帯と紙に打ち出して持っていった。

地球の歩き方スイス編
他にもう一冊ガイドを買ったが、こっちの勝ち。伊達に地球の歩き方を名乗っていない。おおそよ日本人が行くであろう街の情報が網羅されている。
ただし自転車情報は1ページのみ。

スイス鉄道一人旅
鉄っちゃんのスイス旅行記。
スイスのあらゆる鉄道の乗り方から、コインロッカー、トイレ、食事、宿まで役立つ情報が盛りだくさん。地図を片手に読めば地名も頭に入るので非常に参考になる1冊。

旅の指さし会話帳20.ドイツ
これが無ければ旅行が成立しなかっただろう。
私は基本的にドイツ語圏を動いたのでこれ1冊で足りたがスイスの公用語は4つあるので注意。

スイス政府観光局
自転車道がある事、及びVELOLAND SCHWEIZという自転車用マップがある事を知る。この自転車地図はAmazonJPで手に入る。スイスに行けば駅のKioskでも売っている。

注意すべきはKummerly & Frey (正確にはKummerly+Frey)の地図に自転車道が赤く表示されているとある点。これは"CyclingMap"のみという事だ。
紀伊国屋、ジュンク等で売っている普通のSchweiz Mapは普通のロードマップなので情報が無い。
(キャンプ場がどこか位しか分からない)
CyclingMapはチューリッヒ空港のKioskで手に入れた。

スイス在住の方のblog
自転車旅行しやすいという記事があった。
"スイスフラット"という言葉にぐっとくる。
よく読めば、自転車は別料金の記述があるな。

スイスパス
スイスは物価が高い。
いちいち切符なんか買ってたら大変なのでパスを購入。2等8日有効。
現地で買った方が得という事は前述の「スイス鉄道一人旅」で分かっていたが、今回はHISで事前購入。
ヨーロッパの鉄道なので2等でも広々です。

スイス国鉄公式
非常に入り組んだスイス鉄道の路線探索が出来る。
駅周辺地図も出せる。
PSPからもアクセスできるので現地でもチェックした。

Yahoo!天気予報-スイス
移り気なスイスの天気に予報は欠かせない
PSPからもアクセスできるので現地でもチェックした。

・初日のチューリッヒの宿
あまり調べる気がなかったので楽天トラベルで済ませた。

・航空券
あまり調べる気がなかったのでJALオフィシャル
エコノミー割引は言う程安く無い。マイルはがっちり3割引。

VodafoneJP
3G/GSM選択を自動にしていれば勝手にSwisscomを掴んで普通に使えた。
(ただしタイムゾーンの選択は手動で行う必要がある)
まぁ21世紀なんだからこれくらい出来て当然だろう。
Swisscomはやったらエリアが広く、辺鄙な峠でも使用可能。VodafoneJPも見習って欲しい。

あと細かい事は現地で何とかなった。
スイスの人ありがとう。
2006/06/23 01:42 | カテゴリ: スイス06 | コメント(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック