2018年06月05日

Giro d'Italia 2018 Stage19 Froome vs Dumoulin Time Gap

ジロ・デ・イタリア2018 第19ステージはクリス・フルームの80km単独逃げという信じられない展開となった訳であるが、シークレット・プロ氏が「クリス・フルームは登りより下りで差を広げた」と書いていたのがずっとモヤモヤしていた。
なので、クリス・フルーム(Team Sky)とトム・デュムラン(Team Sunweb)はどこで差が広がったのか可視化してみた。


・検証方法
中継画面左上に出る、残り距離と時間差をメモしてグラフに描画する。


・結果
時間差は次の様になった。(Fig.1)


Giro d'Italia2018 Stage19 Froome - Dumoulin Time Gap
Fig.1 Giro d'Italia2018 Stage19 Froome vs Dumoulin Time Gap



登り下りで区切り(区間1~5)各区間のクリス・フルームとトム・デュムランの時間差を抽出すると次の様になる。

区間 1 2 3 4 5
距離 6.7 11.2 16.4 23.9 21.8
up/down up down up down up
Time Gap 00:38 00:52 01:12 00:19 00:21

登りで稼いだ時間差は02:11
一方下りは 01:11
となった。

・結論
登りでの獲得時間差の方が下りより1分(1.85倍)も多かった。
適当なこと書かないように。

それにしてもトム・デュムランが明確に差を詰めることが出来たのは残り9.6kmから3.9kmの区間のみであり(Fig.1 区間5内 最大3:33差が2:57まで縮まった)、それまではフルーム選手が登り下り構わずに差を広げていた事が分かる。
恐ろしい脚力の差である。


追記
改めてシークレット・プロ氏の記事を見に行ってみれば、Editor’s Noteが追加されていた。
「下りで大半のアドバンテージを得た」という当初の論旨が間違いである旨が記載されている。
論理が破綻した、こんなレポート持ってこられたら再提出物である。印象論で適当なこと書かないように。

【参考】
DAZN[dazn.com]
The Secret Pro: An insider's view on Chris Froome's crazy Giro attack | CyclingTips[cyclingtips.com]
  

2018/06/05 00:37 | カテゴリ: レース解析

2018年04月14日

明和電機イヤホン

明和電機イヤホン

明和電機イヤホン。
マスキングテープを貼っただけ。

では事業報告ショーへ行ってまいります。

【明和電機関連記事】
明和電機協同組合
魚型ボタンの相方
 
2018/04/14 15:00 | カテゴリ: 特殊工作部

2018年04月08日

魚型ボタンの相方

魚型カウス
魚型カウス


なかたカウス。NFCをかざすとLEDの眼が光るボタン。

A fish-shaped cufflink with LED eyes that glow.


12x12x5mm / 1g (金具含まず)
NFCによる誘導起電力
2018

--
以下、説明。

アートユニット明和電機の製品(彼らは作品の事を製品と呼ぶ)に魚型ボタン(Nakata-Button NAKI-VX)というものがある。
魚型ボタン / Nakata-Button - 明和電機 - Maywa Denki[maywadenki.com]

これを小型化したものを作ってみようと考えた。

電池による発光では小型化に限界があるので、NFCの電磁誘導で光らせる事とした。
改札機や携帯に内蔵されているあれである。

LED_Schematic
回路図。極めてシンプル。
効率とか気にしないのであれば適当に線材を巻けくだけで光る。
Cもいらない。

今回は自分でコイルを巻かずNFCで光るネイルチップを使用した(200円位)。
それを紙で作ったケースに収め、透明アクリルを貼って完成。

比較に電協バッジと並べてみる。
サイズ比較
電協バッジの円形部はφ17.2、それよりも小さくなった。

手芸屋さんで購入した金具(300円位)に付けるとこうなる。
魚型カウス
いいんじゃないでしょうか。

こうして魚型ボタンの相方が誕生した。
試着



Flushing LED!
 
 
2018/04/08 12:32 | カテゴリ: 特殊工作部

2018年02月26日

QMAに自転車選手問題

QUIZ MAGIC ACADEMYロストファンタリウムより

QMAの新作アプリを遊んでいたら、サイクルロードレース問題が出たのでキャプチャの図。

QMAとはコナミの有名クイズゲームシリーズである。
前作アプリも楽しませてもらったしアーケード版も出ている。
クイズマジックアカデミー ロストファンタリウム[konami.com]

さて注目すべきは、4択問題の選択肢に入っているのがアンドリュー・タランスキー選手であるという点である。

アメリカ人自転車選手4択とした場合、グレッグ・レモン、ランス・アームストロングは必須として、クリス・ホーナー、ジョージ・ヒンカピー、タイラー・ハミルトン(一瞬メダル獲ったし)選手辺りが思い浮かぶ。そこにタランスキーが食い込んだ。

確かに2014年ドーフィネやUSのTTチャンピオンを獲っているが、なかなか渋いチョイスである。
惜しむべきは彼は2018年トライアスロンに転向してしまったという事であろうか。
(参考:Andrew Talansky - Wikipedia[wikipedia.org])
なので問題文は2017年前期に作成されたものと考えられる。

次点で入るとしたらテイラー・フィニー、アレックス・ハウズ辺りだろうか。4択、なかなか唸らされる。
さてここでクエスチョン。
あなたがアメリカ人自転車選手を4人選ぶとしたら誰を選ぶでしょうか?
  
2018/02/26 23:59 | カテゴリ: ロードレース

2018年02月25日

スピードスケート チームパシュート女子

平昌オリンピック スピードスケート チームパシュート女子が面白かった。
(PURSUIT: 自転車ではパーシュートとの表記が多い)
周回競技は自転車のトラックレースや、タイムトライアルの様であった。
データを眺めてみる。

データはオリンピック公式サイトに上がっている。
[olympic.org]

2~12Lapの平均とσは次の通り。
1Lap目はスタートからの加速が入るので除外した。

Avg.(2~12Lap) σ(2~12Lap) max-min(2~12Lap)
[sec.] [sec.] [sec.]
Japan 14.16 0.33 0.91
Netherlands 14.30 0.53 1.42
USA 14.60 0.80 2.48
Canada 14.56 0.26 0.93
China 14.66 0.58 1.75
Germany 15.04 0.66 2.10
Poland 14.93 0.54 1.62
Korea 15.24 0.12 0.48

各ラップの速度は次の様になる。
スピードスケート チームパシュート女子 結果

日本は1位を獲ったので当然平均速度も速いのだが、次の点が優れている。
・スタートの加速がよい(1番目)
・速度のばらつきも小さい(韓国、カナダに次いで3番目)

スタートから数周で速度のピークを迎えその後落ち始めるが、その落ち込み幅が小さい。
高速度を安定して保てるというのはチーム練習の賜物であろう。

なお、韓国が特異に速度が低いのはチーム内紛が起きたせいである。
最高速度が50km/hに唯一届いていない一方周回のペースが最後まで47km/hと高速域で安定している事から地力があるのはデータからも見て取れる。
頂点の舞台で力を出せなかったのは無念であろうと思う、チーム競技の難しさである。

スケート競技でいうとマススタートも面白い競技であった。
ロードレースのゴールスプリントを彷彿とさせる位置取り争いが素晴らしかった。

*追記
NHKのサイトに団体女子パシュートのVR映像があった。これはすごい。
速度を保つ秘訣は先頭交代の早さにあったのだな。
360度で見よ一糸乱れぬスケーティング!女子団体パシュート NHK VR[nhk.or.jp]
 
 




2018/02/25 22:39 | カテゴリ: レース解析

2018年02月18日

木製ホットシューカバー

木製ホットシューカバー
端材が転がっていたので木製ホットシューカバーを作成。
Pentax KPにはいまいちマッチしなかった。

木製ホットシューカバー
本物との比較。
2mm材を2枚重ねているので木目が交差している。

【カメラ関連記事】
Raspberry Pi Zero v.1.3をフリスクケースに詰める
円筒形カメラ
ストラップの裏地を張り替え
宙玉レンズの製作
 
2018/02/18 21:59 | カテゴリ: 特殊工作部

2018年02月17日

明和電機協同組合

明和電機協同組合

明和電機のファンクラブ、電協こと明和電機協同組合に再加入した。
かつて20世紀末に加入してたのだが、数度の引っ越しで失効してしまっていた。

特典として、組合員証とピンバッジ(しりあがり寿デザイン)、会報、世界の社長からペーパー、マスキングテープ2個が届いた。
ペーパーとマスキングテープは以前なかったもの。よい。
 
2018/02/17 10:00 | カテゴリ: 日記

2018年02月16日

ドムドムハンバーガー厚木

ドムドムハンバーガー厚木店オープン
ゾウのロゴがよい。

セガフレード閉店、県央の中心は海老名に移るのか?
では厚木に何があるか、その解はこれである。
ドムドムハンバーガー。

かつてダイエーに併設されていて、買い物帰りの子供たちの空腹を満たしたハンバーガーチェーン店。
ダイエーはイオンに救済されドムドムは身売り、縮小の一途を辿る他なかったが厚木でホテル経営するレンブラントホテルが救った。そして12月8日、新規出店である。

初日は満員御礼で売る物がなくなるほど。よい滑り出しである。

ドムドムハンバーガー広告
本厚木駅の広告。
駅からちょっと離れたところにあるのだ。確かに信号に引っかからなければ3分で着くか。

海老名にあって厚木に無いものと言えばプラネタリウムがある。
かつて海老名にもあったのだが、図書館がツタヤ(CCC)と図書館流通センター(TRC)の運営に移管された際にそれは消えた。科学の敗北である。

なお、神奈川県央のプラネタリウムと言えば玉川学園内にもある。
私立でプラネタリウムドームを持つ施設なんて聞いたことが無い。素晴らしい教育環境である。
ここの施設はよい座り心地で眠り度が高かった。
 
2018/02/16 23:59 | カテゴリ: 日記

2018年01月31日

皆既月食

皆既月食
赤い月。

曇天の予報を覆して月食を見る事が出来た。
素晴らしい。

300mm望遠(換算450mm)でも月なら狙える。
この時期、寒さがつらいがノイズは減るのでよい条件であるともいえる。
 
2018/01/31 23:29 | カテゴリ: 天文宇宙

2017年12月29日

セガフレード閉店

セガフレード閉店

厚木のセガフレード・ザネッティが12月15日に閉店していた。
2014年オープンだそうなので3年での撤退。

神奈川に数少ないセガフレードであるが、近隣の店舗はビナウォーク店である。
県央の中心がまた一つ海老名に移動した。

【関連記事】
セガフレード(厚木)
セガフレード(二子玉川駅)

 
2017/12/29 12:04 | カテゴリ: ロードレース

2017年12月26日

SaveArgyleマグカップ到着

キャノンデール・ドラパックのアレックス・ハウズ選手が梱包作業を行う様子がTwitterに上がっていた。
SaveArgyleキャンペーンの出資者への返礼品である。




I SAVED ARGYLE!

本日我が家に到着しました。お疲れ様でした。
来年がチームと選手の皆様にとって良い年でありますよう、心よりお祈り申し上げます。

…EFエデュケーションファースト・ドラパック、として存続は確定なのですよね?
indiegogoの更新が止まったのでよくわからなかったりする。
  

2017/12/26 23:37 | カテゴリ: ロードレース

2017年11月17日

日経夕刊に浅田監督

マイナー競技の選手育成へ
日本経済新聞2017/11/16夕刊11面より。

後ろで写っている「自転車競技連盟の担当者」は浅田監督ですね。

マイナー競技団体の合同選手発掘プロジェクト「ジャパン・ライジング・スター・プロジェクト」の選考会を紹介する記事。
ここでのマイナー競技は、次の物を指す。
・水泳(飛込)
・ボート
・ウェイトリフティング
・ハンドボール
・7人制ラグビー(女子)
・自転車
・ソフトボール(女子)
(パラリンピックの競技種目は別)
メダルを獲れるソフトボールが入っているのが意外である。

この度60人の合格者が発表されたとの事。
ハンドボールから自転車へ転向して成功した新城幸也選手の例があるので、
選手の特性がより適性のある種目にあてはまると世界への道が開ける可能性がある。

東京には間に合わないかもしれないけど、今後に期待したい。

JAPAN RISING STAR PROJECT - ジャパン・ライジング・スター・プロ
ジェクト
[j-star.info]
 
【参考】
ツアー・オブ・ジャパン2017 東京ステージでサインを貰う
 

2017/11/17 23:18 | カテゴリ: ロードレース